恋愛・セックス

女性が「イク」瞬間に訪れるカラダの変化って実際どんな具合なの?

【この記事のキーワード】
 Photo by Marina Spektr from Flickr

Photo by Marina Spektr from Flickr

セックスでオーガズム(性的絶頂)に達したことはありますか? 会話では「イク」と表現することが多いかと思います。女性同士でセックスの話をしていると「イッたことがない、っていうかイク感覚がわからない」という声も少なくありません。

AV作品で、女優さんがイクときの動きや声、表情や息遣いを見て「これがイクということか~」と認識してしまっている方もいるようです。それゆえ、最中に気持ちいいしビクッ! となっても、「あの女優さんのようにはなってないからイッたわけではないのかも」と判断してしまったり。いやいや、それは違いますよ~! だってAVの女優さんが実際どう感じているかなんて、わかりようがないですし、派手な反応は演技ですから。そして「イク」の感覚は、ひとりひとり違うはずです。

同じ一人の女性でも、刺激する場所によってもオーガズムの大きさは違うかと思います。というわけで私自身の「イク」を外イキ・中イキ・奥深イキの3つに分けて考えてみました。

イキ方には種類がある?

◆クリトリス

外イキの代表選手・クリトリス。快感を得る触り方は各々違うとは思いますが、オナニーや前戯の時に指や舌の刺激で感じる方も多いでしょう。クリイキはオナニーの時に自分の指やバイブを使用した経験者が多い気がします。私の場合、セックス時のクリ刺激でイッたことはありません。というか、イキそうになったらストップして挿入希望を伝えるからですが。オナニーのクリいじりなら10秒ほどでイケます。刺激の強さもポイントも知り尽くしている自分のクリですからね。

Gスポット

位置には個人差がありますが、膣の手前に存在するGスポット(中指を根元まで挿入し、第2関節を曲げたお腹側にあるザラザラした部分)。すぐ近くに膀胱があることから、刺激されると尿意を感じる方も多く、もらしちゃいそう……という感覚から、思い切りイケなくなってしまったり。ちなみに、潮吹きもGスポット刺激ではありますが、オーガズムとは違います。私はというと、不本意な潮吹きをしてしまうこともあり、指のGスポット刺激(手マン)は好きではないのでストップをかけます。ちんこでも快感よりも尿意が強くあまり好きではないんですよねぇ。

◆ポルチオ

個人的に、イッた時の快感は最高峰・ポルチオ。膣の手前にあるGスポットに対して、子宮口あたりの奥深くにあるポルチオ。ちんこやバイブで深い挿入感を感じる方もいますが、オーガズム以前にポルチオを刺激されたことがない方や痛みしか感じない方も非常に多いです。ポルチオイキを目指すなら、セックスでもバイブオナニーでも「押す」ことがコツ。突く必要はありません。

イクとどうなる? カラダの変化

実際にイッたあとは、脳内が「気持ちいい~」と思うだけではなくカラダにも変化が見られます。とはいっても、イッたあとにはしばらく動けず心満たされた状態になる方もいれば(波の大きさもそれぞれ)、急に冷静さを取り戻して賢者タイムに入ってしまう女性まで、様々です。以下は、私には毎回出る「マジイキ」後の鉄板現象。あくまで「私の」ケースですから、みんな同じではないはずです。皆さんも自分自身の「イク」はどんな感覚なのか、一度観察してみてください。

◆イク直前は力み、イッた瞬間に脱力

イク瞬間は膣やカラダ全体に力が入り、緊張状態からの解放です。イッた瞬間に全てが解放されます。脱力加減も人によりますが、自ら腰を振ったり動きが多かった時は、その分グッタリします。ちなみに、AVではイク直前も「イクイクイク~!」と叫んでること(演出)が多いですが、私は実際にはイク直前は力んでいるため声が出ない(息を止めている)状態で、イッたと同時に声を出すパターンが多いです。ちなみに、1回のセックスで何度でもイケるはずの私でしたが、ポルチオイキの時は「もう、無理……」としばらくカラダに力が入りませんでした。

◆膣内が収縮(ヒクヒク)

イッた瞬間、無意識にカラダと膣内が痙攣を起こす方が多いようです。カラダの反応としては、クリイキでは「ビクンッ!」、中イキの時は「ガクガク痙攣」する場合もあります。もっといくと失神してしまい相手を驚かせてしまう、というド派手なことも。膣内はヒクヒクと痙攣し、徐々に止まります。相手に「すごい(ちんこが)締め付けられる」と反応されることもあるわけですが、これは膣内では精子を吸い込もうという動きをするため、膣が締まり、ちんこに絡みついている状態です。個人的には、クリイキよりも中イキの時のほうがこの痙攣の波が大きく、長く続いている気がします。

◆体が火照って、額に汗

イク時は、ものすごい体力を使います。緊張状態から絶頂を迎えると、その反動としてカラダに表れるのは、カラダの火照り・汗・荒い呼吸。個人的には、イク時はグワァ~っとカラダが熱くなり、額から汗が流れるほどです。

オーガズムは、その日の興奮状態や体調によって大きく変わってきます。安心感を得られる状況でのセックスが「イク」につながると私は思っていますので、あまり神経質に考えすぎず、リラックスしてやってみましょう。

(大根 蘭)

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

[PR]
[PR]
オーガズムマッサージ