カルチャー

カメラマン×モデルが2人きりのスタジオで…リアルな口説きシーンに注目!/女性向けAV

【この記事のキーワード】

 女性向けAVのみならず、多くの舞台に出演し、着々と演技経験を積んでいる北野翔太くんが、GIRL’S CHにて台本のないドラマAV北野翔太のダイホンナシ【台本無】』に挑戦しています! カメラマンとモデル、会社の女上司と部下、ジムのインストラクターと生徒という3つのシチュエーションで、北野くんがリアルな“口説きテク”を披露しているとのこと。もちろんDMM.comでも配信されていますよ~! 今回は、「カメラマンとモデル編」を見てイキましょう。

 まずはインタビューパートから始まります。美術大学の写真学科を卒業している北野くんですが、撮影されることはあっても人物を撮ることはほとんどないとのことで、撮影中の会話術に自身がないそう。しかし、スタッフが間髪入れずに「でも、撮影されてきましたよね?(=大体わかりますよね?)」と手厳しい一言を返すと、爆笑する北野くん。もうやるしかなさそうですっ☆

 北野くんが考えた今回の口説き作戦は、「撮影中にプライベートの話をして距離を縮め、終了後に『せっかくだから』とスマホで一緒に写真撮影。『近くで見るとすごい綺麗だね』というところから、なんとか!」とのこと。もし、北野くんにこんなことをされたら……たまらないですよ!

SILK LABO公式HPより

SILK LABO公式HPより

 ちなみに北野くんは、相手のことを知るために目を見て話すようにしているそう。「目線ってその人柄が出るというか、まっすぐ見つめてくる人もいれば反らす人もいて。恥ずかしかったり緊張してたりして。(目を見れば)その人の性格がある程度わかる」のだとか! そして、単純に好きな女性のパーツは「手」と「首元(うなじ)」。本作の内容とは関係ありませんが、「僕、丸太みたいな手なんで、綺麗な手の人に憧れます」と照れながら話す北野は可愛いですよ~!

1 2

北野翔太のダイホンナシ【台本無】 DVD