ライフ

警戒! 座席シートで腕組みスタイルや肘を使って、犯行に及ぶ痴漢の形態

【この記事のキーワード】
【完成】警戒! 座席シートで腕組みスタイルや肘を使って、犯行に及ぶ痴漢の形態の画像1

Photo by chia ying Yang from Flickr

こんにちは。冷やし中華、はじまりましたか? 街中でまだ看板を見かけていない大根 蘭です。

満員電車では特に、隣や前後の人とカラダが触れる、カバンがカラダに当たってしまうことは仕方のないことだと思います。しかし、この「仕方のないこと」を利用して痴漢行為をする人間がいるのです。悲しいかな、これほど痴漢被害、および痴漢冤罪の報道がされているのに、自分の欲望のままに痴漢行為を行う人間は未だはびこっています。

そのうえ、上記のように「痴漢というのは満員電車で起こるものだ」という認識が一般的ではありますが、空いている車内で痴漢被害に遭うときの絶望感といったらありません。痴漢はわざわざその被害者をターゲットとして狙いを定め、つきまとっているわけで、下手に拒否したら逆上されたり、降車後に襲われたりする可能性すらあるかもしれない……そのような恐怖心が発動し、身動きとれなくなってしまう女性は少なくありません。

ただでさえ「普通、他人の体に触らない」というルールで私たちは生きているのに、そのルールを破り個人の領域を侵してくる痴漢は、本当に恐ろしいものです。

座席に座っている場合でも例外ではありません。私は最近、シートに座っているにもかかわらず、痴漢被害に遭いました。

被害者側に非はないのですが、このような性犯罪者が身近にいる限り、防御をする必要も出てきます。被害経験を振り返り、シートに座っているときの痴漢防御策について考えてみたいと思います。

車内の座席に座るときに意識して(注意して)ほしいこと

膝の上に荷物を置いて座っているとき、荷物を抱え込む体勢になると、腕と脇の間に隙間が出来ます。そこを狙って触ってくる痴漢がいます。

【完成】警戒! 座席シートで腕組みスタイルや肘を使って、犯行に及ぶ痴漢の形態の画像2

隙間をあけない意識を

今回お伝えする痴漢の手口は、脇の隙間を利用した加害行為が多いです。

間隔を詰めてくる人

ぎゅうぎゅう詰めになっていないのにもかかわらず、太もも同士が触れるほど距離を詰めて座ってくる相手、明らかにおかしいです。痴漢の傾向としては、最初は通常の感覚で座りますが、座りなおすふりをして、徐々に距離を詰めてくることが多いです。

【完成】警戒! 座席シートで腕組みスタイルや肘を使って、犯行に及ぶ痴漢の形態の画像3

寝たふりしている人や、スーツやジャケットで自分の手元を隠している人もいます

太ももが離れていても、腕を膝の上に置かず太ももの横に置き、手の甲でさすってくる痴漢がいます。非常に気持ち悪い行為です。

胸を狙う腕組み痴漢

「腕組んでるだけです」を醸し出しながら、脇の下から手を伸ばして隣の女性を触る痴漢もいます。この手口、相当不自然なのに、立っている時も結構います。

【完成】警戒! 座席シートで腕組みスタイルや肘を使って、犯行に及ぶ痴漢の形態の画像4

脇から出た手が動いているのって、本当に気持ち悪いんです

肘を使ってくる痴漢

腕を組み、肘で、女性の腕と脇の間をスリスリしはじめる人もいます。膝の上に置いたカバンの持ち方が不自然な人も、肘を使ってくることがあります。

【完成】警戒! 座席シートで腕組みスタイルや肘を使って、犯行に及ぶ痴漢の形態の画像5

そんなに何を探しているのか聞きたくなるほど

カバンの中をゴソゴソと探しものをしているのかな、と思いきや、肘を使って痴漢してくる人もいます。というか、肘、当てるのやめてください。スリスリ気持ち悪いですからね。

1 2

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

[PR]
[PR]
性犯罪者の頭の中 (幻冬舎新書)