連載

謎多き女優・中谷美紀、「自称“ズボラ”」な私生活を暴露!

【この記事のキーワード】
『Quarterly NOTE 2013.Autumn.vol.3―特集 伝える』主婦の友社

『Quarterly NOTE 2013.Autumn.vol.3―特集 伝える』主婦の友社

 生活感がまるで漂って来ないせいか、私生活が謎に包まれた芸能人の1人として挙げられる女優の中谷美紀。トーク番組などでもほとんどお目にかかれないのだが、12月8日の朝7時から放送されていた『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、歌舞伎役者の市川海老蔵、俳優の伊勢谷友介と共に映画『利休にたずねよ』(東映)の番宣を引っ提げて出演していた。

 日曜の朝から、なかなかのこってり感メンバーが勢揃いしていて、それぞれのプライベートや映画撮影時のエピソードなどを語っていた。36歳の海老蔵と37歳の伊勢谷&中谷という同年代メンバーが集結したため、話し易かったのか終始リラックスしながらトークする3人の様子が新鮮であった。

 早速、昔話が始まって、伊勢谷が高校生ぐらいの時に中谷さんが日石のCMに出ていたの見かけて、「すげ~、綺麗な人~!」と感動していたことを明かした。海老蔵も同時期にそのCMを見ていたようで、同じく「俺も思った! す~げ~、かわいかったよねぇ!」「今も綺麗だけど、なんか(かわいさが)ヤバかったよね~」と、大絶賛していた。「どうぞ、お手やわらかに……」と、20年も前のCMの話を引っ張り出されて謙遜するものの、メンズチームに褒められて、照れながらも嬉しそうな中谷さんであった。

 伊勢谷は、その当時のテレビCMでの美しさに感動した中谷さんと、大人になってから俳優として映画やドラマで共演を果たした。2人は仕事だけではなく、プライベートにおいても昔から交流があったらしい。なんでも、伊勢谷の元カノ(一般女性)と中谷さんが知り合いだったらしく、仕事で共演する前にすでに初対面していたそうだ。伊勢谷カップルが中谷さん家に遊びに行った時が2人の最初の出会いだったらしい。

 中谷さんは海老蔵とは『利休にたずねよ』で初共演ということだったが、プライベートで歌舞伎を見に行った際に、交流があったようだ。映画共演がキッカケなのか、お誕生日プレゼントを送り合うこともあったとか。

 中谷さんからは、生きた伊勢海老をプレゼントし(海老蔵だからエビをチョイスしたのだとか……、そのまんま!)、海老蔵からは中谷さん好みの地味な“袱紗(ふくさ)”をプレゼントされたそうだ。また、お互い“茶道”をたしなんでいるらしく、海老蔵においては茶器に凝っていて、一目惚れした茶器が高級車並に高額だったため、ローンを組んで手に入れることにしたのだとか。どんだけ高い茶器なのよ……。「狙った獲物はなんとしてでも手に入れる!」という海老蔵のハンター精神がみなぎるエピソードであった。

 一方、伊勢谷には限りある地球の資源を未来のためにできるだけ減らさないようにしていきたいという考えがあり、自らも「リバースプロジェクト」という会社を設立し、環境を見つめ直すリサイクル活動に携わっている。自分の思うがままに高級茶器を買った話をしたばかりの海老蔵の前で、伊勢谷は無駄遣いをしないように消費をできるだけ減らしてリサイクルをして行こうとする考えを提唱するのであった。2人の間で、消費感覚のすごい落差が生まれてる~♪

中谷美紀の”ズボラ”とは?

 昔はファッションモデルとして、服飾の消費を促していた立場の伊勢谷が、現在では消費に対して「足るを知る(“身の程をわきまえて、むやみに不満を持たない”の意)」という言葉を発言するようになったことに中谷さんは感激していた。以前、撮影現場で伊勢谷が長年着古したスウェットを愛用している姿を目撃した時も、意外な堅実ぶりに驚いたのだとか。

1 2

テレ川ビノ子

テレビが大好き過ぎて、頼まれてもいないのに勝手にテレビを全般的に応援しています。おもしろテレビ万歳!

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

幕末掛け軸セット 高杉晋作