カルチャー

ギリギリまで脱いでます! 声優という枠を超えた男・津田健次郎『FLOWING』【写真集レビュー】

【この記事のキーワード】

 俳優たちの貴重な一瞬をとらえた写真集。現実の時は確実に流れていますが、写真集の中にはその時にしか見ることの出来ない表情や仕草が詰まっています。カメラが収めたイケメンの永遠を、写真集から見ていきます。

ツダケンさん、脱いでます

『FLOWING』(スタジオワープ)

『FLOWING』(スタジオワープ)

 今回見ていくのは、男性声優の写真集です。声優と言えば、「声はイケメンだけど顔は……」ってイメージがあるかもしれませんが、顔もカッコイイ声優さんって結構いるんです。その一人が、2014年発売の写真集『FLOWING』(スタジオワープ)に登場する津田健次郎さん(46)。渋い大人の男って感じでカッコイイんですよ! もちろん声もイケメン。低くて艷っぽい声が良いんですよね~。『テニスの王子様』の乾貞治とか、『遊☆戯☆王』の海馬隼人の声の方です。

 先に声優さんと写真の話をしておくと、声優さんってすっっっっごく写真の事務所チェックが厳しいんですよ(声優さんをインタビューしたことがある筆者の経験談)。事務所によっては緩いところもありますが、下手すると俳優やアイドルより厳しいところもあります。声優誌に掲載されている写真が、どことなくフォトショップ使いまくってる感じに見えるのもその影響ですね。まあ、イメージ商売ですからね~。

 その中で今回の『FLOWING』ですが、そういうものを取っ払ったかのような、素の津田さんがそこにいます。津田さんの顔がアップにされたカットでは、声優誌だったらキレーに修正されちゃってそうな毛穴だったり、目のシワ、ほうれい線もバッチリ写っている。でもそれに嫌悪感はまったくないんですよね。というか、40を過ぎた男ってこんな感じですよ。むしろあるからこそ、津田さんのダンディーさが強調されている!

 そういう部分もですが、そもそもこの写真集はとてもアート性が高くて、津田さんのこだわりも感じさせます。津田さんの写真だけじゃなくて、海などの風景の写真や、白や黒など無地のページもはさんで、シーンの切り替えをしているんですよね。だからメリハリのある一冊となっていて、見飽きない作品になっているんです。

 ……って真面目っぽくレビューしてしまいましたが、もちろん津田さんのアレコレも見ていきますよ(ゲヘヘ)! 表紙の津田さんはヒゲ面の渋い感じのカットですが、中身にはヒゲを剃った写真も掲載されています。白くて柔らかそうなカットソーを来て、窓辺のベッドでくつろぐ津田さん。柔らかい雰囲気がもう、最高です。その前が汚れたタンクトップを着て、海でシャウトしているワイルドすぎる写真ですからね。そのギャップがたまらないですよ。ほかにも、タバコを咥えているカットがあったり、艷っぽ~いポーズを決めたり、くしゃくしゃの表情を浮かべたり……声優誌では見ることができない津田さんだらけです。

 そして、津田さん脱いでます! キレイな身体を披露しています! シャワーも浴びています! もう少しズボンを下げたら、アレが見えちゃう~ってところまで見せてくれています! 津田さんって腹筋は6パックに分かれているんですが、全体で見ると筋肉質すぎない、細くてキレイな身体なんです。個人的にはVライン部分の筋肉がお気に入り。程良く筋肉がついていて美しいんですよー!

津田さんって声優活動だけじゃなく、舞台などで俳優としても活動されているだけあってカメラに向ける表情の作り方は声優界の中でもピカイチだなと思います。声優というカテゴリだけに収まらない彼を見ることができる作品です。

月島カゴメ

アニメもゲームもBLも嗜む雑食系オタク。最近はキッズアニメ(プリパラ、プリキュア)を見ている時が一番楽しい。オタクのくせに変な行動力がある。なお、貞操観念はほぼない。いつかメンヘラに闇落ちする日がくるんじゃないかと、少し怯えています。

twitter:@kaaagome_

[PR]
[PR]
津田健次郎写真集 「FLOWING」