ライフ

『殺人シッター』と呼ばれた男の長い起訴状

【この記事のキーワード】
(C)高橋ユキ

(C)高橋ユキ

 未就学児を持ち働く親にとって、仕事の際の子の預け先は大きな課題だ。特に、土日祝日、夜間早朝など、一般的に認可保育園が対応していない時間帯に仕事をしていて、周りの家族友人の協力が得られなければ、24時間営業の保育園やファミリー・サポート、ベビーシッターという選択肢が浮上する。

 中でも、きめ細やかに時間的な要望に対応してくれるのはシッターではあるが、都心でシッティング業務を請け負う会社に頼むと、1時間あたりの料金が2000円~3000円程度かかることが一般的だ。そのため口コミや紹介による直接取引やマッチングサイトも存在している。こうした利用方法は、いくらか費用は抑えられるものの、リスクも生じてくる。

 もちろん、ほとんどが真面目にシッティング業務を請け負うつもりであるシッターであるのだが、中にはシッティング業務の動機が、幼児への特別な感情から、という人間も参入しやすくなるのだ。

 20143月に埼玉県富士見市で発生したベビーシッターによる2歳男児殺害事件。逮捕された物袋(もって)勇治は同月14日、山田龍琥(りく)君(2)とその弟を預かり、龍琥君を殺害したとして殺人罪に問われている。しかし物袋が問われている罪はこれだけではなく、多くの乳幼児に対する児童ポルノ禁止法違反や強制わいせつ等でも起訴されていたのだ。昨年6月に横浜地裁で開かれていた物袋に対する裁判員裁判の様子を、今回、連続してリポートしたい。

 なお、この一審では物袋に対し懲役26年の判決が言い渡されたが、これを不服として控訴しており、現在、事件は東京高裁に係属している。まだ裁判は確定していないことを心に留めながら読んでもらえれば幸いである。

 * * *

 物袋勇治に対する裁判員裁判の第一回公判は2016610日、横浜地裁404号法廷(片山隆夫裁判長)にて開かれた。先に記した通り、罪名は殺人だけではない。開廷表の罪名欄には、保護責任者遺棄致傷、強制わいせつ、児童ポルノに係る行為等の規制及び処罰並びに児童の保護等に関する法律違反(児童ポルノ禁止法違反)、わいせつ誘拐、強制わいせつ致傷なども記されていた。被害に遭ったのはいずれも乳幼児である。身元が判明しているだけで9人。その他、児童ポルノ禁止法違反の被害者は、さらに多い。

 法廷に現れた物袋被告は大柄でがっちりしており、少し背中が丸まっている。坊主頭でぼんやりとした顔立ちが特徴だ。証言台の前に立った時の後ろ姿は、異様に右肩が下がっていた。朴訥とした印象を受けないこともない。

 起訴状の詳細な内容が検察官によって読み上げられたのち、物袋被告の罪状認否に続く。罪名が多いため、起訴状読み上げだけでかなりの時間がかかった。なお本裁判では被害者秘匿の措置が取られ、被害者の名は公開の法廷で明らかにせず、また被害者が特定されるような家族の名や地名も言わない。各被害者はAIまでイニシャルで呼ぶ、とまず宣言があった。読み上げられた起訴状の概要を記す。なお分かりやすさ重視のため、起訴状をそのまま記したわけではない。

1 2 3

[PR]
[PR]