ゴシップ

10代で激変! HKT48・AKB48アイドル宮脇咲良の止まらない進化と向上心

【この記事のキーワード】
宮脇咲良Google+より

宮脇咲良Google+より

 7月15日に放送された『音楽の日』(TBS系)にHKT48が出演。ここで2017年の『第9回AKB48選抜総選挙』で4位にランクインした宮脇咲良(19)の表情に、違和感を覚えたというファンの声がネット上に多く出ている。宮脇は2011年・12歳の時にHKT48に加入しているため、この約7年での成長は写真や映像に記録されているわけだが、数年前から、メイクをして大人の女性になったというより、顔立ちそのものが幼少期の面影を残していないとしばしば話題になるメンバーだ。

 この日は茶髪のツインテールというセットで宮脇は出演。しかしファンですら「どこにいるかわからなかった」と目をこするほど、雰囲気が激変していた。「見る度に顔と雰囲気のバージョン変わっててびっくりする。この間まで波瑠さん路線だったのに、今は韓国アイドル路線っぽい」といった反響もある。

宮脇咲良Google+より

10代前半の頃/宮脇咲良Google+より

宮脇咲良Google+より

同/宮脇咲良Google+より

宮脇咲良インスタグラムより

今年7月/宮脇咲良インスタグラムより

 宮脇のインスタグラムを見ると、7月に入ってからエクステをつけて髪を長くしている。雰囲気が激変するのも当然だと考えられるが、わずか2カ月前、今年5月頃の写真と比較するとどうやら髪型のせいだけではない変化が到来している。

宮脇咲良インスタグラムより

5月/宮脇咲良インスタグラムより

 2014年、AKB48の渡辺麻友(23)とみられるSNSの裏アカで「さくらたんもはるっぴ(兒玉遥/20)も整形モンスターな事に変わりはない」「みんな若いのによーやるよねーー」といったメッセージのスクショが流出したことがある。当時宮脇は15~16歳だったが、その年齢で顔にメスや注射針を入れるものか懐疑的な見方もあったが……。成長期段階での整形手術を危険視する声もあるが、骨格の成長がほぼ完全に止まる年齢(個人差はあるがおおよそ10代半ばと考えられている)に達していれば問題ないともいわれる。

 グループ内の序列では、2012年の『選抜総選挙』で47位、2013年に26位、2014年に11位と着実に人気を上げており、今年の総選挙では冒頭で記したように4位までランクアップ。来年は1位を目指すと公言している。ナチュラルな可愛さを求めるファン層もいるにはいるが、彼女の向上心を応援するファンはそれよりもずっと多いということだろう。今後の変化にも期待したい。

(ボンゾ)

宮脇咲良ファースト写真集 さくら