カラダ・美容

大きいクリトリス「オナニーのしすぎ」はデマ! 他人のクリもいっぱい見てみよう

【この記事のキーワード】
Photo by Miran Rijavec from Flickr

Photo by Miran Rijavec from Flickr

女性のクリトリスは、男性の亀頭部分でありながらも、泌尿器や生殖器という役割はなく、「性的興奮に特化した器官」として存在しています。クリだってちんこのように勃起しますし、一般的には性感帯と言われるスポットですが「感じない」女性もいること、包皮を被っている「クリトリス包茎」の人もいることなどを、今までお伝えしてきました。

女性も「朝勃ち」するし、ジュワっちゃうこともある。朝濡れも気にしなくてOK!

クリトリスが感じない…「クリ包茎」問題

都市伝説に振り回されないでっ!

男性はちんこが大きいことが自信に繋がるようで、“ペニス増大!”“亀頭を大きく!”とちんこを「大きく」するための手術やサプリメントの宣伝を見かけます。

対して、女性の亀頭であるクリトリスに関しては、“大きすぎると恥ずかしい”という感覚が浸透しているようで、ネット上には「クリトリスが大きくて恥ずかしい」「彼に引かれるのでは?」と大きいことに対しての悩みがわんさか。「クリトリス縮小」という手術もあります。同じ亀頭なのに不思議ですね。

女性が性器を見せ合うことは、その構造上、男性よりも圧倒的に少ないので、「みんながどんな形なのか」知る機会がなかなかありません。陰部の形、色、大きさなど「自分だけが特殊なのではないか」と悩む女性は後を絶ちません。また、クリトリスが大きいことに悩んでいる人の中には、「オナニーのしすぎでクリトリスが肥大する」という都市伝説を気にして、人に相談も出来ないまま「彼に見られたくない」「セックスが怖い」と、悩みを深めてしまうこともあるのではないでしょうか。

クリが大きい女性を「オナニーしすぎ」と断じる都市伝説って根強いんですけどもね……デマ情報です! クリトリスの大きさは、体質・遺伝・男性ホルモンが多め(の可能性あり)など様々な影響が絡むもので、オナニーは関係ありません。

神経が集中する場所を“切除”するリスク

一方で「どうしても気になってしまうから」、そして「無駄にこすれて痛いなど日常生活で支障があるから」等、もともとのクリを小さくしたい女性もいるはずで、それは全く否定されるべきことではありません。

しかし私が多数のクリニックのHPでクリ縮小手術の紹介を見ていて気になったのは、「大きすぎるクリトリスは、セックスの障害になることもある」という言葉。なぜ、どのように障害を感じる可能性があるのか記載されていないのです。こういった言葉も真に受けず、本当に障害を感じてから考えてもいいのではないでしょうか。

まんこの形は人それぞれ、絵で描かれているような左右対称のキレ~イな形状のまんこを持つ女性なんて実際には多くないのではないでしょうか。個人的にオススメなのは、自分の悩んでいる単語をネットで検索して、写真を見てみること(閲覧注意の卑猥画像がめっちゃ出てきますが)。自分ではコンプレックスだと思っていたけれど、それを「自慢の性器」だと思っている女性もいるし、たとえば「クリが大きいため、セックスで受ける快感が最高!」だという捉え方もあるわけです。

女性器コンプレックスは解消できる! 他の女性のヴァギナを見て「自分も普通だな」と安心

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

スケベなエロ都市伝説を追え!(パパラッチシリーズ171) パパラッチ編集部シリーズ