ゴシップ

不倫釈明なのに「お互い好意はある、交際申し込まれた」と言ってしまう今井絵理子の高すぎるプライド

【この記事のキーワード】
言わなきゃいいのに…(画像は今井絵理子Twitterより)

言わなきゃいいのに…(画像は今井絵理子Twitterより)

 元「SPEED」の今井絵理子・参議院議員(33)の不倫疑惑を、「週刊新潮」(新潮社)が伝えている。彼女の熱愛相手は、自民党の神戸市議会議員・橋本健(37)。妻と小学生の息子、幼稚園に通う娘を持つ男性だが、この男性と今井議員は、彼女のセカンドハウスである千代田区の高級賃貸マンションや出張先ホテルで夜を共にしているという。

 移動中の新幹線グリーン車で隣に座り、無防備に眠りこける二人の写真、そして“恋人つなぎ”で手を絡めあう写真などを同誌は掲載。新幹線の喫煙ルームでは、今井議員が橋本市議の「消えかけたタバコに、くわえタバコで火を移したり」していたそうで、かなり親密な間柄であることが伺える。政治家の先輩後輩として、というだけの関係ではない距離感だ。

 同誌の直撃を受けて今井議員は、彼女のマンションに橋本市議が泊まったことは「軽率だった」と認めているものの、「一線は越えていない」「講演の原稿を深夜まで一緒に書いてもらっていた」と説明。しかしさらに“軽率”な発言もしてしまっている。「正直申しますと、好意というのはお互い持っていると思います。だからこそ一線を越えてはいけない。橋本先生が離婚調停中ということも聞いていますし」。

 一転、橋本市議は同誌記者に「お付き合いしていない」「恋愛感情もありませんよ」と宣言。また、橋本市議の妻は、夫と今井議員の手つなぎ写真に「本人がいくら否定しても、こんな証拠があったら世間に通用しないと思うんですけど」「百歩譲って私たちが離婚に近づいているにしても、今の段階ではダメですよね」と手厳しい。そのうえ「私は今井さんのお子さんも心配。お母さんは家にいなくて、不倫をしていると知ったら」とマウンティング、同誌取材に対して「子どもたちのことを考え、現状、離婚する決意はしていない」と話している。

 ところが。今井議員はこの報道を受けてブログを更新。そこには、「最近になって市議から交際の申し込みがありました」とあるから、一歩も引く様子が見えない。地方での活動に際して橋本市議と一緒になる機会が多く「個人的に好感を持つようになりました。そして、多くの友人や知人を交えて話をしていた仲から二人だけでお話をする機会も増えるようになりました」と馴れ初めまで明かしている。

1 2

往復書簡 初恋と不倫