ゴシップ

「俺は長男のシッターじゃない」「お母さんと付き合ってるみたいだった」今井絵理子議員の元カレが語った胸中がやるせない

【この記事のキーワード】
今井絵理子Instagramより

今井絵理子Instagramより

 「週刊新潮」(新潮社)にすっぱ抜かれた自民党の今井絵理子参議院議員(33)と橋本健神戸市議会議員(37)の不倫略奪疑惑。2人はFAXや会見、SNSを通して<一線を超えていない>と主張したが、この主張がかえって火に油を注ぐ結果となってしまった。世間からは「どこからが一線か」「パジャマ姿で密室。2人きりで朝を迎えてるのに、そんなわけない!」「恋人繋ぎをした時点でアウト!」などの酷評が相次ぎ、情報番組のコメンテーターからも厳しい声が飛ぶ事態となってしまったのである。

 そんな中、81日発売の「女性自身」と「FLASH」(いずれも光文社)が今井絵理子議員の元カレ・A氏を突撃し、心境を告白している。今井議員は2004年にできちゃった婚でロックバンド175Rのボーカル・SHOGO37)と結婚したが07年に離婚、長男(12)は今井議員が育てている。3年前からは沖縄出身のA氏が上京する形で同棲をスタートさせており、2人の中は公然の事実となっていた。

 A氏は今井議員の中学の同級生であり、また初恋の人でもあったようだ。時を経て初恋を実らせた今井議員は同棲をスタートしたものの、この恋はすぐに週刊誌沙汰となってしまう。というのも、A氏には風営法と児童福祉法違反による逮捕歴(後に不起訴となっている)があったからだ。当時、この件は派手に週刊誌等に書きたてられたものだが、東京郊外にある今井議員の自宅での同棲はそのまま継続された。Aさんは聴覚障害のある今井議員の長男の世話や学校の送迎なども熱心にこなし、長男もなついていたそう。

1 2 3

沖縄アクターズスクールの不思議 (扶桑社ムック)