恋愛・セックス

男のアナルを攻めてみよう! 前立腺マッサージで何度もイカす、ドライオーガズムを与える方法

【この記事のキーワード】
Photo by rjp from Flickr

Photo by rjp from Flickr

前立腺マッサージ、ってご存知ですか? 「男性がドライオーガズム(射精せずにイク快感)を得られる」らしい前立腺マッサージ……実はこれ、女性のオーガズムと同じくらいの快感を得られるといいます。

つまり、ドライオーガズムは、1度出してしまったらグッタリしてしまい終了―! となる射精時とは違い、「波のように何度も繰り返して体験できる(マルチプルオーガズム)」「射精時とは違った快感を味わえる」ことが特徴のようです。楽しそう! テクニックを習得して、射精する“イク”の前にドライオーガズムでイカせたいものですねぇ~。まず前立腺の場所を理解しておきましょう。お尻の穴に指などを挿入して、刺激します。

この辺りです

この辺りです

前立腺はペニスとは違い、目視できない体内にあるデリケートな部分のため、正しいやり方で実践しないと、ドライオーガズムを与える以前にアナルを傷つけてしまったり、前立腺を傷つけてしまい「前立腺肥大」の原因になってしまいます。

※アナルに挿入するグッズ「エネマグラ」やバイブ機能のついた「アナルバイブ」も、指でならしてから使用するようにしましょう。

男性が女性のGスポットを探り当てるのと同じく、1回でビンゴ! となる可能性は低いです。アナルの向こう側にあるので、アナルをならしていくことからはじめなければいけません。セックスのたびに少しずつ開発していくつもりでトライしてみましょう。快感を与えられるようになれば喜びもひとしお! 女性側だって、膣を乱暴にガシガシ触られたり、痛みがあるのに強引に開発を急がれたら非常につらいですよね。

マッサージ前の準備、忘れべからず!

マッサージする側・される側の両者ともに、安心・安全な状態を心がけてマッサージしていく準備をするようにしてください。マッサージされる側がすることはただひとつ。しっかりとアナルを清潔にしておくこと! 表面だけキレイに洗い流してもアナルの奥には色々とこびりついてますよ~。浣腸して、中から洗い流すことをオススメします。

前立腺を刺激する側の準備は……指を洗って清潔に・指とアナルにつけるローションを用意することは絶対条件です! 浣腸してアナルを洗浄しても、菌はたくさんいます。その上、ネイルで傷つける可能性もあるので、指サックはつけるようにしましょう。

男性の体勢は、横向き・M字開脚・四つん這いなど、疲れない体勢をチョイスしてください。

◆横向き

アナルに荷重がかからずリラックスできる体勢のため、指も挿入しやすい。しかし、見えづらいため、前立腺のポイントを探るのは難しくなる。

M字開脚

目の前にアナルがある状態なので、よく見ながら挿入できる。しかし、太ももに力が入るため、リラックスしづらい体勢でもある。

◆四つん這い

セックス時のバックの体勢。足を大きく広げることでアナルもリラックスし、挿入しやすい体勢。しかし、カラダを支えている両腕が疲れる可能性があるため、お尻だけ上げてベッドに両腕をつく・顔を枕に埋めるようにするとラクです(イラストのように指を挿入するのであればこの体位)。

いざ、アナルに挿入!

まずは、指サックをつけた指とアナルにローションを塗ります。指で肛門を優しく押すようにほぐしていきます(指は、もっとも細い小指から挿入し、徐々に指を変えて最終的に中指を挿入できるようになるまでほぐせると良いでしょう)。

ローションに関しては、一般的に販売されているローションでも問題ないですが、潤滑が長続きするように作られているアナル専用のローションを使うとモアベター。

アナルに中指が入るまでほぐれたら、いよいよ前立腺を刺激していきます。相手のカラダの内側に向けて指を曲げたところにある前立腺を、優しく押すようにマッサージをします。この時、男性はおしっこがしたくなるような感覚になるそうです。その上、開発されるまでは、気持ちよさを感じない人も多く、間違ったポイントを刺激していたり、力が強かったりすると痛みを与えてしまうので(女性のGスポットと同じ感覚なんですね)。押しながら相手に感覚を確認し、焦らないことが大事です。興味本位、好奇心だけが先走って、全然気持ちよくないプレイって最悪ですからね。

じっくり優しく丁寧に開発してさしあげると、男性側も学びを得て、膣を愛撫する際に今までより丁寧になる……かもしれません。

★快感アップポイント!

マッサージのときや指を挿入しながら、性感帯でもある「会陰部」を指や舌で愛撫すると、前立腺の快感も高まります。

お尻の愛撫は「アナル」だけじゃない! お尻の快感ポイントと刺激方法

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

フィンガーコム 12PIECES