ゴシップ

川栄李奈が女優として躍進! AKBグループ卒業生の明暗を分ける「鍵」とは

【この記事のキーワード】
川栄李奈 Twitterより

川栄李奈 Twitterより

 元AKB48の川栄李奈(22)が、7日に開催された就活イベント「CAMP SUMMIT2017」のトークショーに出席し、アイドルから女優になるために「おバカキャラを消すようにしました。たくさんしゃべるとバカが出てくるので、今もバレないように雰囲気から大人しくしています」と告白した。さらに、成功するための秘訣として「低姿勢でいくことが一番大事。どんなにお芝居ができて可愛くても、礼儀がちゃんとしていないとダメ」と学生たちにアドバイスを送った。

 川栄は、2015年8月にAKB48を卒業して以降、同年9月に主演を務めた舞台『AZUMI 幕末編』を皮切りに、連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(NHK)、映画『デスノート Light up the NEW world』と話題作に出演し、2017年には春クール『フランケンシュタインの恋』(日本テレビ系)、夏クール『僕たちがやりました』(フジテレビ系)と連続ドラマに立て続けにレギュラー出演。

 さらに、7月からはオリックスグループの企業CMに起用されており、8月からはCM総合研究所が発表した「CM好感度」にて1位を獲得している「KDDI/au 三太郎シリーズ」に織姫役で出演。9月30日公開予定の映画『亜人』にも出演と、女優として大躍進を遂げている。グループ在籍時は、13年の総選挙で25位、14年の総選挙で16位と目立った順位を獲得することはなかったが、今となってはAKBグループ卒業生の中で最も成功していると言って良いだろう。ちなみに現在の所属事務所はエイベックスだ。

1 2 3

川栄李奈ファーストフォト&エッセイ『これから』