ゴシップ

モラハラ乙武洋匡の虚言…不倫相手もろとも元妻が提訴 今井絵理子も慰謝料請求され…

【この記事のキーワード】
左:乙武洋匡公式Twitterより/右:今井絵理子公式Twitterより

左:乙武洋匡公式Twitterより/右:今井絵理子公式Twitterより

 昨年3月に五股不倫が発覚した乙武洋匡氏(41)を、このたび元妻が提訴した……と、「週刊新潮」(新潮社)が伝えている。

 報道後、乙武氏は当時の妻・仁美さんと連名で謝罪文を発表。関係各位への謝罪と『一生かかっても償いきれないほどの過ちであるにもかかわらず、妻は私を許し、やり直そうと言ってくれました』という言葉を綴り、『「夫として、父として、もう一度、あなたを家族として迎え入れたい」と言ってくれた妻に、今度こそ応えたいと思っています』『いま一度、自分を見つめ直し、家族と向き合っていく』と夫婦再生を誓っていた。

 一方の仁美さんは、『このような事態を招いたことについては、妻である私にも責任の一端があると感じております。今日に至るまで二人でしっかり話し合った結果、3人の子どもたちのためにも、あらためて夫婦ともに歩んでいくことを強く決心致しました。本人はもちろん、私も深く反省しております』としたためた。この”妻の謝罪文”は賛否分かれた。

 昨年4月に自ら企画した乙武氏の40歳記念誕生パーティーでは、仁美さんの挨拶が「素晴らしかった」と多くの著名人から好評も得ていた。このようにして夫妻は修復を試みたものの、程なくして別居報道があり、およそ半年後の9月に、離婚が成立。そして今、元妻・仁美さんは、元夫とその不倫相手の女性を訴えているという。

1 2 3 4

モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない