ゴシップ

上原多香子の不倫を記した「遺書」を読んでいた今井絵理子、なぜ…

【この記事のキーワード】
「SPEEDLAND -The Premium Best Re Tracks-」

「SPEEDLAND -The Premium Best Re Tracks-」

 元SPEEDの上原多香子(34)が、かつて俳優の阿部力(35)とダブル不倫の関係にあったことが「女性セブン」(小学館)によって報じられた。同誌では、2014年に命を絶った上原の夫・TENNさん(享年35)の実弟が、TENNさんの遺書と、上原が不倫相手である阿部とかわした恋愛感情満載のLINEやりとり等を公表している。

 阿部とはTENNさんが自殺する直前である201479月に公演した舞台で共演し親密な関係になったという上原。稽古期間を含めてもわずか23カ月の短い間で、「子供が欲しい」「旦那さんと別の道を歩めるように」といったことを考えるほど激しく燃え上がっている。

 TENNさんからの遺書は3通用意されていたが、上原宛の遺書には、<幸せだった分だけ、未来が怖いから 何も無さそうだから>と諦念が綴られ、<きっと阿部力となら乗りこえられると思います><次は裏切ったらあかんよ><がんばって トントン(=阿部の愛称)とお幸せに>とも書かれている。この遺書の内容を見て、TENNさんの弟は「自殺の理由が多香子さんにあることはすぐにわかりました」という。しかし、「自分たちの心だけに留めよう」とマスコミ公表を控え、母も「森脇家に嫁にきたんやから、最後まで守ってやらなあかん」と話したという。

 遺書だけでは具体的な不貞行為の内容はわからなかったわけだが、しかしその約一カ月後に、TENNさんのスマホを見た家族は、TENNさんが保存していた“妻の不倫の証拠”を見つけてしまう。上原から阿部への「好き好き好きって」「会いたいよ」「肌を合わせて感じるフィット感が今までとはまったく違うの」「2人の子供作ろうね」といった赤裸々なLINEメッセージや、キス写真。それを見てしまっても、家族は上原を責めはしなかったという。

1 2

[PR]
[PR]
往復書簡 初恋と不倫