連載

日本人おばあちゃま軍団が、サムギョプサル合コンで韓国人男子を品定め!?

【この記事のキーワード】
SEOUL11

どこの都市にも、ワケあり男女が…。 Photo by youngdoo from Flickr

 韓国人男性と戯れたくてソウルまでやって来る日本人女性、これって何も20代、30代の女子だけとは限らない。中高生の子供を持つ主婦や、そのもっともっと上……世間では「おばあちゃん」と呼ばれる世代もいたりする。「あ~、それってどうせヨン様ファンでしょ」って? いやいや、そちら系の「おばあちゃん」と、今回紹介する「おばあちゃん」とでは、まったくタイプが違うのだ。

 場所は、ソウルのセレブ街・清潭洞(チョンダムドン)にある焼肉屋。サムギョプサルを食べていると、どこか近くのテーブルからかすかに日本語が聞こえてきた。そのお店は、チャン・グンソク東方神起のメンバーが訪れる店として、日本の雑誌にもたびたび紹介されているので、誰かのファンかな? と思いながら声のするほうに目を向けると……。

 そこにいたのは「おばあちゃん」と呼ぶよりは、「おばあちゃま」と呼ぶほうが断然似合う、ご婦人方。60代後半? いやぁもっと上だな、70代の、それはそれは上品で、いかにもお金持ちそ~なオーラがバンバン出まくった……例えるなら、白川由美野際陽子みたいなおばあちゃま4人がいたのだ。

 そしておばあちゃまの隣には、それぞれ韓国人男性がひとりずつ座って肉を食べている。しかも、その男たちってのがなかなかのハイレベル! 俳優? それともモデルか? ってほどのイケメンで体格もいい。仕立ての良さそうなジャケットを着て、センスも悪くない。

 日本人のおばあちゃまとイケメン韓国人男子が交互に座り、上品にサムギョプサルを食べている光景。わいわいと賑わう店内で、そこだけはなんだかとっても別世界。けっして大きな声でしゃべることもなく、誰かが立ち上がって焼酎を注ぎあうこともなく、ただただ静かに食べ続けているのだ。メニューを見るふりしてそのグループを観察していると、時々おばあちゃま同士が何か会話をしているが、男たちはいっさい喋らないのが気になった。男たちは黙って肉を焼き、サンチュに巻いて隣の席のおばあちゃまに渡している。

 おばあちゃまと韓国人男子はひと組ずつカップルになっていて、「あ~ん」とか言って食べさせたりまではしないものの、孫や知り合いの子どもが「おばあちゃん、はい」って渡すのとは明らかに違う、なんだか妙~な雰囲気をかもし出していた。おばあちゃまが男の手の甲を優しくスリスリしているのが見えた。

 しばらくするとひとりの男が現れた。こっちはイケメンでも、いい体でもなんでもない、韓国人のおっさん。それまでの上品な雰囲気をぶち壊すように大声で、それも日本語で、「お肉おいしいですか~?」と言いながら空いた席に座った。おっさんはどうやらコーディネーターで、一行は次の店へ移動するようだ。韓国人男子たちがさっと立ち上がり、それぞれ担当のおばあちゃまの椅子を引いたり、バッグを持ったりとフォローしている。そしてカップルになってぞろぞろと店を出て行き、最後の会計は韓国人のおっさんがしていた。

イケメンと個人レッスンも

 この人たち、いったい何だったの? 韓国男子はホストのような夜の匂いはしなかったが、かといって普通の仕事をしているようには思えない。一緒にいた友人曰く、

オ・ジホパク・ヘジンみたいに、韓国の俳優の卵は金持ちのスポンサー探してデビューするケースも多いから、さっきの男の子たちもそれじゃない?」

 とのこと。 さっきのおっさんはそっち関係のコーディネーターで、日本人の金持ちおばあちゃまに韓国人男子を紹介していたのかもしれないって話? あ~、あの雰囲気だとその可能性は高い!!

 俳優のスポンサーになるまでとはいかなくても、ソウルには日本人主婦をメインターゲットにしたデートクラブもあり、韓国人男子を紹介してくれるらしい。明洞(ミョンドン)を歩いていると、エコバッグを持ったフツ〜ウの日本のおばちゃんと、大学生みたいな韓国人男子が買い物したり、お茶したりする姿をたまに見かけることがある。ふたりの距離があまりにも近すぎて不自然なので、人混みの中でも目に飛び込んでくるのだ。

 そんなカップルとカフェで一緒になった友人は、

「隣同士に座って、体をぴったりくっつけて韓国語を教えてもらってたけど、あれはどう見たってただの語学授業じゃないでしょ。おばちゃんだけじゃなくて、男の子も嫌がってなかったから、けっこう高いお金もらってるんじゃないの?」

と話していた。

 日本人のおばあちゃんも参戦する日韓“男女”交流、こちらもクラブで大騒ぎする若い世代に負けないほど盛り上がっているようだ。

 

■韓美姫(カン・ミキ)/韓国生活も5年を超え、さすがにサムギョプサルには飽きたけど、こってり甘いソースを絡めたチキン『タッカンジョン』は週1→2とペースがあがってるこの頃。最近のビッグニュースは、アパートの下にチキン屋開店!

【ソウルの男と女 バックナンバー】
女-4/わずかな所持金で韓国留学。出会い系で同棲相手を見つけるアラフォー女性たち
男-4/韓流ドラマのようなドロドロ恋愛はもう古い? 若い世代はSNS恋愛に移行
女-5/酔ってはしゃいで、気がつくと…ソウルでクラブデビューした女子の悲惨な顛末
男-5/海を越えるボーイズラブ。韓国の腐女子たちは日本漫画にハァハァしてる!

これ以前の回は、こちらから!

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

体験告白 年の差カップルはドラマチック! (宝島SUGOI文庫)