恋愛・セックス

M男性を責めたい★ “可愛がり”Sテクニック!

【この記事のキーワード】
Photo by Bodie Strain from Flickr

Photo by Bodie Strain from Flickr

M(マゾヒスト)タイプは、正式には、羞恥・屈辱・苦痛に対して性的快楽を得る人のこと。ですが、最近では「女性に責められたい!」とライトな意味合いで使用されることが多いかと思います。「俺、Mなんだよねぇ~」と隠さず言う男性も増えてきているように感じます。その人が実際にMかどうかは別ですけど。

Mタイプ男性は「喘ぐ」

普通のデートの段階でイチャコラ・ニャンニャン甘えてくる場合はわかりやすいですが、セックスの時だけ急にMっぽくなる男性もいますよねぇ~。巷には“SMかを見抜く方法”として「目を見つめて、なかなか逸らさない人はS・すぐに逸らす人はM」といった判断基準があるそうですね(眉唾だわぁ)。身近に「見つめたまま、目を逸らさないドM」の男性がいるのですが……。個人的には、乳首やフェラを責めた時に大きめの声で喘ぐ場合、Mっ気強め、と判断しています。

本来は責められたいMタイプの女性は、たまにはMタイプの彼を責めてみたいけど、責め方が不明……という方もいるでしょう。そこで今回は、M気質男性とのセックスを楽しむための責めテクニックをご紹介します!

緊縛・目隠しプレイ

Mタイプの人は、身動きが取れなくなるプレイに興奮します。緊縛といっても、手首を軽く縛る程度でも充分です。さらに、アイマスクやタオルで目を覆います。両手の自由がきかず何をされるか見えない中で、突然のフェラ攻撃や騎乗位挿入をしちゃいましょう。我慢できない喘ぎ声が漏れることでしょう。相手のいつもより敏感に反応をする姿は、責めている側も興奮しますよ~!

クンニは顔面騎乗

通常のクンニは、仰向け&M字開脚で受けることが多いと思いますが、責めのクンニスタイルは、仰向けになっている相手の顔の上でしゃがみ、クンニをしてもらう(させる)スタイルです。“舐めさせられている”感がMゴコロの火をつけることでしょう。注意点は、相手からお願いされない限り、しょっぱなから顔面押しつけてグリグリこするのは、窒息させる可能性もあるのでやめておきましょう。

四つん這いでアナル舐め

フェラをする際、一緒にアナル舐めで辱めちゃいましょう。仰向けの相手の両足を持ち上げて、アナル舐めをするのも喜ばれたりします。感じている相手の顔をチェックしやすいのはこの体勢ですが、もっと恥ずかしい、かつ感じさせる体勢が、四つん這いです。両足を持ち上げるより舐めやすいのでオススメ。余裕があれば空いてる手で手コキをしてみてください。四つん這いになっているなら、前立腺マッサージにもトライしてみては?

※事前準備が必要なので、その場のノリではやらないようにしてください!

男のアナルを攻めてみよう! 前立腺マッサージで何度もイカす、ドライオーガズムを与える方法

“責める”定番体位

女性主導の王道体位「騎乗位」はお忘れなく! 前後・上下のピストンと好みは人によって変わりますが、ピストンの場合、上から相手の表情を見ながら動き、疲れたら上半身は倒れ込み、膝から下は床につけてお尻だけ上下に動かすピストンはラクチンです! さらに、相手の両手を顔の横や頭上に押さえつけながら行うと、身動きが取れない男性は興奮度アップという一石二鳥テクです。勢いよく動きすぎて、ちんこをポキッと折らないようにお気をつけください。

ペニスがポキッ!となる「陰茎折衝」 激しいピストンや騎乗位に注意

寸止めで焦らす!

手コキやフェラで充分に責めて、イキそうになったらストップ! を繰り返す寸止め焦らしプレイもMタイプの相手には堪らないテクです。もしかしたら、あなた自身が気付かなかった、自分の中に眠っていたSの部分が目を覚ますかもしれません。

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

[PR]
[PR]
いますぐデキる! 図説完全M男マニュアル (SANWA MOOK ライト・マニアック・ガイドシリーズ 3)