カルチャー

元NMB48のAV女優・松田美子は“第2の三上悠亜”なれるのか? デビュー作『NUMBER 01 松田美子』を見る

【この記事のキーワード】

 今年7月、芸能人専門AVメーカー「MUTEKI」から“元国民的アイドル”がAVデビューしました。元NMB48の研究生・岡田梨沙子(21)さんが、「松田美子」としてAVの世界へ足を踏み入れたのです。

 AV女優になった元AKB48グループのアイドルは、これで8人目。NMB48からは初です。そのグループ出身のAV女優で有名なのは、先陣を切った元AKB48のやまぐちりこさん(中西里菜)、最近では恵比寿★マスカッツのメンバーとしても活躍する元SKE48の三上悠亜さん(鬼頭桃菜)でしょう。

 元AKB48グループ出身のAV女優は、アイドル時代の実績と人気があればあるほど、話題を呼び、作品もヒットを記録してきました。一方で松田さんは、NMB48(しかも研究生)としての活動期間はわずか半年。特に目立った活動もしていないためか、デビュー時はオタですら「誰この子」という反応でした。

 ですが、彼女のデビュー作『NUMBER 01 松田美子』MUTEKI)のレビューを見ると、彼女を評価する声が結構上がっているんですよね。彼女にはAV女優としての素質があるのでしょうか。松田さんも三上さんのような人気AV女優になれるのか、デビュー作を見ていこうと思います。

三上悠亜は“可愛さ”、松田美子は“内容”で勝負

 アイドル時代と比べると、大分垢抜けた印象の松田さん。ふっくらとした分厚いくちびるが印象的です。現在21歳と若いだけあって、肌もキレイ。おっぱいは三上さんほどではないですが、ほどよい大きさ。そして、つるんとしたおしりが可愛らしいです。

 でも彼女って、良くも悪くも普通なんですよね。それこそ、秋元康が言っていたとされる「クラスで3番目くらいにかわいい娘」なんです(まあ、AV女優には“アップデート”もあるので、今後に期待したいところ)。

 では、松田さんは何で勝負したのかと言うと……内容がすごかったんです。三上さんのデビュー作は、正直内容よりも“可愛さ”で押し通していた感がありましたが、松田さんはデビュー作からちゃんと“AV女優している”。

1 2

月島カゴメ

アニメもゲームもBLも嗜む雑食系オタク。最近はキッズアニメ(プリパラ、プリキュア)を見ている時が一番楽しい。オタクのくせに変な行動力がある。なお、貞操観念はほぼない。いつかメンヘラに闇落ちする日がくるんじゃないかと、少し怯えています。

twitter:@kaaagome_

[PR]
[PR]
NUMBER 01 松田美子 MUTEKI DVD