カルチャー

主観アングルに大興奮! 慣れた手つきで口説き落とす、女性向けならではの「ナンパセックス」/女性向けAV

【この記事のキーワード】

 上京したてで友達はゼロ、心細い時期に声をかけられたイケメンに優しくしてくれたら……甘えちゃいますよね。『Heat eyes tokyo nights』は、“いけないとわかっていても、貴方の鋭い目線を拒むことができない……”という女性向けならではのナンパセックスです。

 夜道で藤北彩香ちゃんと月野帯人くんが合流するシーンから始まります。「ごめん、待たせたね。ご飯食べた?」とカメラに向かって尋ねるツッキー。そう、本作は主観アングルで撮影されたリアリティ抜群の作品なのです!

 2人は、彩香ちゃんがスーツケースを運んでいる際に、ツッキーが優しく声をかけてくれたことで出会ったそう。ツッキーが何となく危険な香りがするとわかっていても、寂しくて連絡しちゃったとのこと。

 お店につくと、「お腹空いてる?」「好き嫌いはない?」とリードしてくれるツッキー。もちろんレストランでのシーンも主観アングルですので、「東京にはもう慣れた?」「あの時荷物多かったけどさ、もう片付けたの?」なんて他愛もない会話を本当にツッキーとしているみたいな気分になってきます。ドキドキが止まりません!

DMMサンプル画像より

DMMサンプル画像より

 2人の会話シーンはまあまあ長いのですが、そのほとんどが「アドリブなのでは?」と思わせるほど自然でにこやかな雰囲気で進みます。そもそもツッキーは、プライベートでもナンパ好きなことを公言しているだけあり、何だか慣れてるんですよ! 終始、演技じみてなくて引き込まれます。

DMMサンプル画像より

DMMサンプル画像より

1 2

COCOON anthology 4 DVD