ゴシップ

大麻吸引で韓国芸能界の「徴兵事情」を変えたT.O.Pに寄り添う、あのメンバー

【この記事のキーワード】
KOREA171

現在のT.O.Pとからむのは、メンバーひとりだけ。BIGBANG公式HP

 韓国の男性は軍隊に行くことがマスト。国外で稼ぎまくってお国に貢献している、売れっ子芸能人といえども逃れることはできません。とはいえ、誰もがラクしたいのもまた事実。そのため、芸能人は一般の兵士に比べて楽な芸能兵(広報や慰問の仕事につく兵士)になりたがっていました。

いましたと過去形なのはこの制度が廃止されてしまったから。2013年、韓国最大手芸能事務所のYGエンターテインメントに所属していたSE7ENが性的サービスを含むマッサージ店に行ったことで、世論に火が付き、芸能兵が廃止される事態に。「SE7ENのせいで楽できなくなった」とブーたれる後輩アイドルもいます。

 行き場を失った芸能人が目をつけたのが警察の広報団です。芸能兵の廃止後、軍隊に代わる義務警察という仕事に属する警察広報団の人気が高まり、我らがチャンミン(東方神起)を筆頭に、多くのトップアイドルが警察広報団を目指すようになりました。ところが、この警察広報団のお仕事もなくなるとの噂に、芸能人はみな戦々恐々としているんだとか。

T.O.Pに後輩からの恨み節が

「原因は警察広報団として働いていたT.O.PBIGBANGYGエンターテインメント所属)にあります。大麻によるキメセク(あくまで問題はキメセクではなく大麻吸引ですが)により、今年7月20日、彼に懲役10カ月、執行猶予2年の判決が下りました。そしてその数日後、この広報団の廃止が発表されたのです。これは大麻をやって、警察の広報やるのかよ? 結局、芸能人にロクなやついねぇなぁという世論の反発をくみ取ってのもの。来年から広報団の新規採用はないといわれ、ラクできる道をまたまた塞がれた後輩芸能人からは『SE7ENの次はT.O.Pかよ。さすがYGエンターテインメント』との声が聞こえてきます」(韓流雑誌編集者)

 後輩からもディスられ、しょんぼりとするT.O.Pに寄り添うのは、かつての仲間でした。

1 2

D-LITE JAPAN DOME TOUR 2017 ~D-Day~ (2DVD+スマプラムービー)