ゴシップ

岡村隆史は“ヌキあり”のマッサージ店がオキニ! 有吉弘行はSMクラブ専門

【この記事のキーワード】
『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』公式サイトより

『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』公式サイトより

 817日深夜放送の『ナインティナイン岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、風俗マニアと知られるナインティナインの岡村隆史(47)が、風俗に対するこだわりを熱く語った。

 岡村は先日、五反田方面からタクシーで自宅に帰る際、同じく風俗好きのタクシーの運転手と風俗話に花を咲かせたそうだ。その運転手は岡村が以前に「突き詰めたらグレーのマッサージがいい」と話していたのを覚えていて、岡村も「風俗好きから言うと、マッサージもしっかりしといて、その後の“ひとつ”みたいなのが一番いいですかね。体も疲れてるんで」とこだわりを語ったそう。

 風俗にもいろいろ種類があるが、岡村は“ヌキあり”のマッサージ店がお気に入りのようだ。“グレーのマッサージ”というのは、風俗営業の届け出をせずに“ヌキ”のサービスをしている店のことだと思われる。運転手もマッサージ店の良さに同意したようで、オススメの店を教えてくれたそうだ。岡村いわく、「しっかりマッサージしてくれて、最後にヌキます!」だそう。

 岡村は過去にも同ラジオで風俗の話をしている。風俗店へ行くのが面倒になり、ついに出張タイプの風俗嬢を自宅に呼んだことや、家に来た風俗嬢の脚にタトゥーが入っていて(見ると萎えるため)、「布団で隠しながらプレイした」こと、ある時には脚にギブスを付けた嬢が来たこともあったと話している。岡村は「チェンジ」が言えない性格で、ギブス嬢もチェンジできなかったとか。

 風俗での話を笑いのネタにするお笑い芸人は多く、これまでにケンドーコバヤシ(45)や南海キャンディーズの山里亮太(40)、ピースの綾部祐二(39)、有吉弘行(43)といったお笑い芸人が風俗話をしている。

 有吉は、昨年にテレビでSMクラブに通っていることを明かしている。「家には呼ばない。僕はSMだけ」だそう。なんでも、女王様ではなくハードMの子にいじめてもらうのが好きらしい。「女王様だとこっちの自由きかないのよ!『なに命令してんだ、てめえ!』ってなるから。多少自由にしたいんですよ。僕の思うがままにイジメてほしいんですよ!」と自身の性癖を語っている。あえてドMの嬢を指名して、いい塩梅でイジメてもらっているようだ。

 有吉は過去にも、「ドMなんですけど、(人見知りで嬢と)コミュニケーションとりたくないから、ドSコースで行く。ドMだと『女王様~!』と話しかけなきゃいけないから」とも明かしている。有吉いわく、ドSだと会話しなくていいらしい。

 かなりの風俗マニアとして知られるケンドーコバヤシは、「芸名で店に予約電話をする」など、その逸話が多すぎるが、先日は女性の気持ちを理解するために「男女が入れ替わる風俗」に行った話を明かしている。なんでもケンドーコバヤシが女役になって、“魔法のバンド”を付けた女性に責められたという。また、過去には母乳ヘルスで母乳を浴びたことも明かしている。よだれかけを付けて、「まだ、言語を覚えていない体」で遊んでいたそうだ。

 風俗通いをしまくるお笑い芸人の精力もだが、いろんな性癖をカバーする風俗業界もそのバリエーションの広さに改めて驚かせられる。

新 お笑いラジオの時間 (綜合ムック)