連載

不倫男「SPEEDが不倫ってマジ!? 芸能界は怖いね~」の他人事! 一線を越えているのに2度目をヤろうとするふてぶてしさ

【この記事のキーワード】
Photo by Photosurish from Flickr

Photo by Photosurish from Flickr

 この夏の芸能ニュースは、不倫スキャンダルだらけでした。今井絵理子(33)に斉藤由貴(50)、雨上がり決死隊の宮迫博之(47)、上原多香子(34)の不倫疑惑が次々に発覚し、これによって、不倫に対するイメージはさらに悪化しています。

 さて、筆者・月島カゴメ(20代独身)は今年の1月から、妻を持つ美容師のシュンスケ(仮名/28歳)となんとなく関係を持っています。“一線”は一度越えてしまっているので、オフホワイトどころか真っ黒です。最初はフリーの男性だと思っていたのですが、SNSの特定が得意な筆者が特定大作戦を行ったところ、シュンスケの妻のInstagramを発見してしまいました。当時は「もうセックスしちゃったから、完璧アウトじゃん」と絶望したのを覚えています。

 もちろん、彼に対する気持ちはサ~っと冷めました。どうして、度重なる芸能人の不倫スキャンダルの影響で“不倫=完全悪”のご時世に浮気・不倫を働くのでしょうか。浮気相手の立場から浮気・不倫をする男性の心理を調査するために、今も彼とLINEのやりとりは続けています。

【これまでの記録】
▼Vol.1既婚者とは知らずセックスをしてしまった。いつの間にか美容師の不倫相手になっていました
▼Vol.2いくらカマをかけても自分が既婚者だと決して明かさない不倫男
▼Vol.3ホテルに入るのも、セックスするのも相手任せにする不倫男の卑怯さ
▼Vol.4誰もが羨む理想の夫婦を犯している――いけないと思いながらも、不倫に快感をおぼえてしまった瞬間

 ですが、この数カ月、まったくシュンスケと会っていませんでした。シュンスケは都内でヘアサロンを経営しているほかに、雑誌などのヘアメイクも担当しているので、なかなか忙しいみたいです。梅雨くらいから「次に会ったら嫁がいることを言ってやる!」と意気込んでいたんですが、「会いたい!」というLINEを送ってきたのに、数分で「やっぱ仕事終わらない!」と言われまくる日々(微妙に腹立つ)。そんなシュンスケの都合がやっとついて、先日会ってきました。

あれだけ大騒ぎになった不倫騒動を知らない

 数カ月ぶりに会ったシュンスケは、なんだかお疲れモードでした。どうやら本当に仕事が忙しいみたいです。最初は近況報告など、他愛もない話をしていたんですが、今回はどうしても聞いてみたいことがありました。この夏に発覚した、今井絵理子らの不倫騒動についてです。あれだけ大騒ぎになった不倫騒動は、おそらくシュンスケの耳にも入っているはず。私がライターっぽい仕事をしていることは話していたので、「最近芸能ゴシップの記事も書いているんだけど、不倫ばっかで嫌になっちゃうよ~」「今井絵理子と上原多香子とかさあ」と切り出してみたのでした。

 そしたら、驚くべきことに「そうなの!? 今井絵理子が不倫ってマジ!?って反応。こっちが「マジ!?」です。

1 2

月島カゴメ

アニメもゲームもBLも嗜む雑食系オタク。最近はキッズアニメ(プリパラ、プリキュア)を見ている時が一番楽しい。オタクのくせに変な行動力がある。なお、貞操観念はほぼない。いつかメンヘラに闇落ちする日がくるんじゃないかと、少し怯えています。

twitter:@kaaagome_

できる男は不倫する