ゴシップ

真木よう子の「愛されたい願望」が元凶? Twitter炎上コミケ騒動「騙された」の意図は

【この記事のキーワード】
真木よう子フォトマガジンのアカウント(@makiyoko_zine)は残っている

真木よう子フォトマガジンのアカウント(@makiyoko_zine)は残っている

 女優の真木よう子(34)が、6月末にドラマ『セシルのもくろみ』(フジテレビ系)の宣伝のために開設したTwitterアカウント(@makiyokohonnin)を閉鎖した。その数時間前、真木のアカウントは非公開になり、さらに、アカウント名が「????騙された????」という、意味深な言葉に変更されていた。

 真木は、今冬に開催される「コミックマーケット93」に向けて、自身のフォトブックを制作する旨を25日に発表したが、クラウドファンディングで制作資金の800万円を集めることなどが大勢の反感を買い、大炎上。27日、真木は「全ては、全ての事に対し、無知な私の責任です」と謝罪文を出し、コミケへの参加を撤回している。

 真木のTwitterにも指摘や批判が殺到していて、真木もそれにリプライしたり、中にはダイレクトメッセージで返答するなどの対応をしていた。一般ユーザーの声に対し、ここまで対応する芸能人は滅多にいない。

真木よう子、「みなさんとコミュニケーションしたい」って何で?

 そもそも真木は芸能人としてではなく、ひとりの人間として「多くの皆様とコミュニケーションが取れる場が欲しい」と思い、Twitterを開始している。「私なんかの返信で、少しでも幸せを感じる方が居るのであれば、幾らでも応答致します」と、開設直後から頻繁にファンと交流していて、それが「神対応」と称賛されていた。コミケ参加に対する謝罪文では、「Twitterにいる方々に救われているし無償の愛。応援を沢山、沢山貰いました」と感謝の気持ちを述べている。

 “ひとりの人間”として自由にTwitterを楽しんでいた真木は、かなりTwitterにのめり込んでいたようだ。「幾らでも応答致します」と宣言しただけあって、ファンへのリプライの頻度も高く、アカウント開設から閉鎖までのツイート数は9278ツイート。日数で割れば、1日に149ツイートしていたこととなる。それゆえ最近は「ツイ廃(Twitter廃人)ぶりがすごい」と評判だった。

 それだけならまだしも、コミケでの炎上騒動をきっかけに、「真木よう子オタサーの姫説」もささやかれている。炎上騒動後、真木のTwitterには批判や指摘だけでなく、擁護するファンのリプライも来ていて、それが“姫”と“取り巻き”の図に見えるようだ。また、冷静な指摘をスルーして、「自費でやれ乞食」という短絡的な批判を引用したことも、「悲劇のヒロイン気取り」だと言われている。真木にはTwitterというツールと介さなくても温かい言葉をくれる友人や仕事仲間がいそうなものだが……。実は相当孤独なのか?

1 2

月刊 真木よう子 (SHINCHO MOOK 87)