ゴシップ

AKB48が30作連続ミリオン達成も、「曲を聴いたこともない」「顔も名前も一致しない」不思議

【この記事のキーワード】
「マガメガ」公式サイトより

「マガメガ」公式サイトより

 31日付けのSoundScan JapanによるCDシングル売上レポートによると、8月30日発売のAKB48の49thシングル『#好きなんだ』が1,430,787枚を売り上げ首位を独走、グループとしては30作連続でミリオンを達成した。

 同作は、Type A~Eの初回限定盤・通常盤に劇場盤を加えた全10形態でリリースされ、センターを務めるのは「AKB48 49thシングル 選抜総選挙(第9回AKB48選抜総選挙)」にて選抜総選挙3連覇を成し遂げたHKT48およびSTU48の指原莉乃(24)。Type Dには同総選挙の上位16名“SHOWROOM選抜”による楽曲『プライベートサマー』が収録され、同企画内で1位を獲得した大西桃香がセンターを務めた。他にも会場、開催日未定の「イベント参加券」や「生写真1種(ランダム)」が封入されており、早速生写真がネットオークションで大量に取引されている。

 CDセールスにおいては安定した人気を維持しているAKB48だが、8月30日発売の『週刊少年マガジン』(講談社)にて表紙を務めた“新神7”に「マジで誰だよ」「元祖神7の人はファンじゃなくても、この人達がAKBのエースなんだなっていうオーラがあった」「これは“神7”ってつけちゃいけないでしょ」等、動揺の声があがっている。新神7は、今年行われた総選挙上位7名を指しており、1位の指原莉乃、2位の渡辺麻友(23)、3位の松井珠理奈(20)、4位の宮脇咲良(19)、5位の荻野由佳(18)、6位の須田亜香里(25)、7位の横山由依(24)。AKBがブレイクした時期に神7と呼ばれていた前田敦子(26)、大島優子(28)、篠田麻里子(31)、板野友美(26)、小嶋陽菜(29)、高橋みなみ(26)、渡辺麻友とは知名度に雲泥の差がある。いわゆる上位人気の7人であるにもかかわらず、指原と渡辺以外は、一部のファンを除いて「顔と名前が一致しない」状態だろう。

1 2

板野友美 写真集「release」