カルチャー

ルッキズムのない社会ってどんなもの? 日向市のサーファー動画とテッド・チャン「顔の美醜について」

【この記事のキーワード】
宮崎県日向市PR動画「Net surfer becomes Real surfer」より

宮崎県日向市PR動画「Net surfer becomes Real surfer」より

 「海、似合うようになってきたね」。肥満気味の男性が、失恋をきっかけに始めたサーフィンを通じて精神的に――そして痩身になることで、身体的に――「健康」になっていく。そんな一見穏当で健やかなビフォーアフター物語を軸にした宮崎県日向市のPR動画「Net surfer becomes Real surferが議論を呼んだのは、この動画の物語が(あるいはそれを観るあり方が)ルッキズムを動員しているのではないか、という点だ。

ルッキズムってなに?――日向市PR動画と「放っておいてください」

 ルッキズムとは「外見に基づく差別・偏見」という意味で、レイシズム(人種差別)やセクシズム(性差別)から派生する形で70年代末から使われ始めた、比較的新しい言葉だ(オックスフォード英語辞典より)。レイシズムやセクシズムがそうであるように、ルッキズムは単に心理的な差別に留まらず、実際に社会的な効果を伴う。分かりやすい例は就職活動などで見られる「顔採用」だろう。

 そして顔採用の例が示すように、ルッキズムは誰に・いつ・どのように・どの程度割り振られるかという点において――それこそ「男は度胸、女は愛嬌」という言葉が示すように――セクシズムと密接なつながりを持っている。さらに言えば、どういった外見が望ましいとされるか(色白・痩身・若年etc…)を考えると、ルッキズムはレイシズム・エイジズム(年齢差別)・エイブルボディイズム(障害差別)などの他のさまざまな差別とも密に結びついていると言えるだろう。

 冒頭の動画がルッキズムを動員しているかどうかで問題になるのは、「肥満気味の男性がサーフィンを通じて痩身になる」というプロットそのものではおそらくない。ポイントは、サーフィンの喜びや自己実現が「美しい身体の獲得」という物語に集約されてしまってやいないか、という点だ。動画やそれを観る人の重点がどこに置かれているか、と言い換えてもいい。

 私見では、動画そのものはこうした問題について比較的繊細なバランスを保っているように思われる。「海、似合わないね」「似合うようになってきたね」というセリフに対して主人公の男性が一貫して「放っておいてください」と返すことで、動画はルッキズムをある程度中和しているからだ。けれど、動画を単なるビフォーアフター物語として称賛する消費のあり方の中では、こうしたニュアンスが失われてしまい、肥満より痩身の方が心身ともに健康で望ましい、というルッキズムの単純な再生産に終わってしまう。そして残念なことに、多くの視聴者において、「放っておいてください」という声は無視されてしまっているように思えるのだ。

 このようにルッキズムはわたしたちの社会に深く根を張り、誰もそこから逃れることはできないように思われる。じゃあ、ルッキズムのない社会ってどんなものなのだろう?

1 2

あなたの人生の物語 (ハヤカワ文庫SF)