連載

現役ナースでSM女王様をしている元銀座ホステス! 摩訶不思議な30代女性の半生に迫る

【この記事のキーワード】
しQちゃんの吐きそうな日常

(C)shiqchan

 

はろ~、みんなどうやって月末のお金やりくりしてるキュウ?
あたしは、どうやって生き残るかを日々自問自答しながら生きてるキュウ。

今日ね、見た夢が、「うんちイベントを開催する」っていうストーリーだったキュウ……。
暑さのせいキュウ? エアコン代ケチケチしてるせいキュウ? まだ熱帯夜たまにあって苦しいキュウ。
その夢のイベントゲストにはヌリ・ゲラー(ウンチといえばヌリちゃん!)が登壇。まさにクソだったキュウ。

こんな夢見たのも、最近またヌリちゃんに声をかけてもらって撮影のお手伝い(雑用)に行ってきたせいだと思うキュウ。
なんだかんだ言って、あたしに労働場所を提供してくれる変態紳士。
生きるためのお金をさんキュウ~~~!

その撮影は、スカトロAV撮影ではなく(ほっ)、医療プレイ専門雑誌のグラビア撮影だったキュウ~~!
これまた、すごいキワを突いてくる雑誌キュウね……そんなニッチな雑誌が世に存在してることすら知らなかったキュウ……。
グラビア撮影に協力していた女性は女優さんではなく、普段はSMクラブで女王様をやっているそう。
医療プレイを颯爽とこなす姿が素敵だったキュウ~~!

でも、彼女が他のスタッフとお喋りしているのを聞いて「?」となったキュウ。

Q「もしかして……鈴華さんって、看護師さんなんですキュウ?」

鈴華「はい。看護師とSM業の二足の草鞋ですよ♪」

Q「キュキュウ~~!!!!今度そこんとこ詳しく話、聞かせてくださいキュウ……!!!」

……ということで、今回、鈴華さんに改めて話を聞くべく召喚したキュウ~~!

YOUはどうして女王様に?

――鈴華さん、よろしくお願いしますキュウ。いろいろ気になることいっぱいキュウ!

「よろしくお願いします。この間の撮影も初めての経験で楽しかったですし、インタビューも初めてで、新鮮なことが続いて嬉しいです」

――現役看護師、現役女王様と聞いたけど、今も両方の仕事をしているキュウ?

「はい、病院で看護師として勤務しながら、休みの日や空いてる時間にSMクラブで仕事しています」

――看護師とSM……一見真逆に見えるけど通ずるものもたくさんありそうキュね……この間の医療プレイしかり。でも、看護師だけでもかなりのハードワークに思えるけど、それプラスSM業って休む暇なくないキュウ?

「休日や、看護師勤務終わってからSMクラブに出勤したり。多分自分はワーカホリックなんですよ。働いてないと不安になるというか。常に動いていたいタイプなんで」

――えぇぇ~~偉いキュウ~~‼ 隙あらばゴロゴロしてたい、あたしとは大違いキュウ! そんな生活してたら疲れないキュか? タフな鈴華さんは今はおいくつキュウ??

「今はさんじゅう…○○歳です。ま、30代ということで(笑)」

――米倉涼子似の鈴華さん、病院ではまさに失敗しないオーラが出てそうキュウ~!

(C)しQちゃん

はっきり言って、激似の凄みあるキュウ~~~ (C)しQちゃん

――ちなみに今は1人暮らしキュウ? もしかして結婚とかしてるキュウ?

「結婚してて、年下の旦那と2人で住んでます」

――キュキュウ! なんと既婚者キュウ! 旦那さんには、女王様のことは秘密にしてるキュウ……?

「旦那とは、SM店のサイト制作で知り合ったんです。旦那の仕事がWebデザイナーなので。そういう経緯から初めから知ってますね。打ち合わせをしていくうちに恋が芽生えて……という感じで(笑)。旦那は仕事でSM店や女王様と関わったりしているので、女王様がどんな人物像なのかも知ってるんですよね」

――女王様だと知ってて付き合ったということは、旦那はプライベートセックスでも女王様を求めてくるキュウ……!?

「いえいえ、それは全然ないですね。どちらかというとS寄りな気もするし。あんまりね、セックスする人じゃないんですよ、旦那も私も」

――夫婦で性交欲の強さが近しいのって、平和で良いキュウね! しかもプラベで女王様やってくれとか言われてなくて安心したキュウ(←お節介)。鈴華さんのご家族は女王様のことは知ってるキュウ?

「それは知らないです(笑)。あ、でも妹は、知ってるのかも……という感じなんですが、昔はそういうのも寛容な感じの妹だったんですけど、ある時から宗教に入りまして、そこから人格が変わってしまって、今は絶縁状態に近いんですよね。両親とも仲良くないんですけど、たまに東京に来るんで観光の案内とかはしますね。大概、口論っぽくなっちゃいますけど」

――わかるキュウ~久々に親と会っても、大体最後の方には言い合いになってるキュウ!! それにしても妹さんの件、心に刺さるキュウ。同じ血が流れてても所詮他人キュウね。さて、色々聞きたいことが山積みだから、まずは、何がどーしてこーなったのか、時系列を追って聞いていきたいと思うキュウ~~! 鈴華さん、ご出身は?

「九州です。高校卒業して、何の仕事もつかずフラフラしていたんですが、地元の親友が大学進学で上京してて、毎日のように電話をかけてきては『寂しい寂しい』と泣くんですよ。それで『鈴華も東京に来てよ~』と呼ばれて、目的もなく、なんとなく上京しました。親友の家に住ませてもらってね。その子は家賃もいらない、一緒に住んでくれてるだけでいいからって言うんですけど……」

――まるでヒモ生活キュウ!一緒にいてくれるだけでいいって、よっぽど寂しかったキュね。

「まあその言葉に甘えてこれまた上京してからもフラフラしていたわけですが、さすがに少しは金を入れないと悪いなと思い始めた時に、銀座のクラブホステスにスカウトされたんです」

――ホステスキュウ!? 女王様じゃなくて? 看護師じゃなくて??

「はい。それから銀座のクラブでホステスを始めて。私は、やるとなったら一生懸命仕事をやるタイプなので、ホステス業もそれなりに頑張ってました。そこは結構給料が良くて、夜20時~終電前の23:45までで、日給28000円。それからは、ちゃんと同居の友人にもお金を入れるようになって。ただ、給料は良かったんですけどホステスの仕事は夜だけなんで、昼間は暇だな~と思っていた時に、これまた道でスカウトされまして」

――お!

「スカウトマンの勧誘は最初『ビデオに出ませんか?』でした。女性が男の人を殴ったりボコボコにするビデオに出演しませんか?って。」

――単なるAVじゃなくて! 変化球すぎるスカウトキュウ‼︎ あたし出たいキュウ~! 羽ビンタするキュウ♡

「面白そうとは思ったけど、ビデオに顔が出るのは無理ですって断りまして。そしたら、じゃあビデオじゃなくてSMクラブはどう?って勧めてきたんです。女王様だから、痛い思いもすることはないですよって。一度、プレイしてる様子を見学してみてから考えてみては? って言うので、とりあえず見てみるか!と思い、見学しに行ったんです」

――SMクラブの見学、気になるキュウ~~!

「見学に行ったら、予想よりも面白くて! それで、自分もやることを決めて、昼はSMクラブ、夜は銀座のホステスの二足の草鞋をスタートさせました」

1 2 3

しQちゃん

子宮のゆるキャラ(妖精)。アイドルに貢ぐために週5+日払いバイトで馬車馬のように働いているキュウ。生理前は情緒不安定になるけれど、今日も元気に頑張りまシュッサン☆ 

@sheQchanz

看護師 ナース服 コスチューム 白 レディース 着丈75cm