連載

性感マッサージ師の手で、プロジェクト開始以来・初の快感を得た! けれど…

【この記事のキーワード】
子宮にちんぽが届くまで

果たしてちんぽは届くのか。イラスト/大和彩

 長いこと、夢子は病気の原因である俺のことが大嫌いだった。だが子宮である俺を摘出することになったとき、ヤツはネガティビティにまみれたその認識を変えたいと思ったーーつまり、内面のパラダイムシフトが必要だと考えたんだな。このプロジェクトは、俺への認識をポジティブなものに上書きすることで、自分の心の在り方を大きく変えることが目的でもあるんだ。

*   *   *

 よう、また会ったな、子宮だ。

 その店は、年齢・BMI制限のない性感マッサージさんだった。ブログもやっていて、文章に好感がもてた。女性を性感マッサージすることに対してハァハァと興奮している空気がなく、どこか冷めたふうである。「クンニとは」「膣イキとは」と説教臭く語っていないのもよかった。

 なにより、本業は整体師さんらしい。まず最初に整体をしてから性感マッサージを施術するようで「●●さんの場合、ここの筋肉を緩めればもっと感じやすくなる」などとブログに書いてある。整体なら腰痛でちょくちょく行くことがあるからなじみがあるし、どうせ体を預けるなら筋肉や骨格の知識がある人がいい。万が一、性感マッサージがハズレでも、ふつうの整体を受けたと考えれば、精神的にもラクだろうし。

 手術があるので2週間以内にアポをとれればありがたいと予約メールに書いたところ、早々に返信があり、翌日に施術可能だという。まさかそんなに早く予約できると思っていなかったので、手持ちのお金がなく、夢子は焦った。明日マッサージにかかるのであれば定期預金を解約せねばならない。今日は金曜日、夕方の5時を回っている。たしか定期に関するATM操作は、平日しかできないはずだ。

すぐに予約しなきゃ!

 もうダメか? それともATMはまだやっているのか!? 夢子は慌てふためき、ネットでATMの営業時間を検索、まだ1時間ほどやっていることを確認した。すぐさま通帳とキャッシュカードだけ手にもち、ノーメイク、ぼさぼさ髪のままATMに走った。

 自分がなにをしているのかよくわからなかった。アパートの階段を下りるときもふわふわして現実感がなく、転げ落ちないように気をつけた。

 いくら必要なのかが、わからない。性感マッサージの内容もぼんやりしているし、どのくらいの金額がかかるのかもはっきりしない。ああッ、こんな不明瞭な用途になけなしのお金を使うなんて! なんだか泣きたくなった。多めに引き出したお札を掴む手がじっとり汗ばむ。

 それでもゼイゼイ荒い息で部屋に戻り「明日、お願いします」と返信のメールを送った。

 すると、マッサージに望むこと・NG事項などを記入して事前に提出するアンケート、さらには性病検査の結果表まで送られてきた。丁寧なところだな、と夢子はすこし安堵した。

1 2 3 4

大和彩

米国の大学と美大を卒業後、日本で会社員に。しかし会社の倒産やリストラなどで次々職を失い貧困に陥いる。その状況をリアルタイムで発信したブログがきっかけとなり2013年6月より「messy」にて執筆活動を始める。著書『失職女子。 ~私がリストラされてから、生活保護を受給するまで(WAVE出版)』。現在はうつ、子宮内膜症、腫瘍、腰痛など闘病中。好きな食べ物は、熱いお茶。

『失職女子。 ~私がリストラされてから、生活保護を受給するまで(WAVE出版)』

【3個セット】 アロマベラ マッサージオイル アンセンテッド 200ml (顔 体用オイル)