カラダ・美容

「膣に突っ込めば何でも気持ちいい」ワケじゃナイ!! バイブオナニーの違和感を解消するポイント

【この記事のキーワード】
Photo by Holly Lay from Flickr

Photo by Holly Lay from Flickr

日本製から海外の高級ブランドものまで、多種多様なバイブがECサイトでお手軽に購入できる時代です。様々な種類・性能のバイブ蒐集がはかどりますね!

矢口真里「バイブってどうやって…」バイブビギナーがバレずに安心してアダルトグッズを購入する方法

しかし、自分の膣と相性がよい商品を探し出すことは、実は意外と難しいのかもしれません。「膣に突っ込めば何でも気持ちいいだろ」なんて甚だしい誤解をしている人も世の中にはいそうですが、そんなわけないんですよね。

大きな期待を抱いてバイブを購入したのに、いざ使ってみたら「期待外れでがっかり」という女性もいるでしょう。相性、大事です。

ただ、相性のせいだけでもありません。もちろん、バイブの動きやサイズ・形状の好き嫌いは誰でもあると思いますが、そのバイブ、使い方次第でもっと楽しめるかもしれません。

十分に興奮が高まってからの、バイブ!

「バイブが感じない」と一言で言いますが、脳内が性的興奮を感じていないのに、物理的な刺激を与えても快感を得られるモノではありません。「バイブを当てたら、即キモチイイ」なんて都合よく出来てないんです。まずはAVなど、自分好みのオカズで性的興奮を感じてから、バイブを手にし、じんわり濡れている股間に……という手順が大事だと思います。

◆じっくり前戯~ゆっくり挿入

セックスでも、前戯ナシのいきなり膣挿入だと、痛かったり、フィットしなかったりしますよね。バイブも同じことです。最初からクリや膣口など敏感な部分に押し当てるのではなく、恥骨のあたりや大陰唇を刺激することからはじめます。

前戯で膣が濡れてきたなぁ~と感じたら、バイブを軽く膣口に押し当てたあとに、振動は「弱」の状態で膣口だけ(23cmほど)挿入。ピストンをはじめずに、しばらくそのままステイ! 膣口とバイブをなじませるんです……!

◆膣とともに、もう1カ所を刺激

性感帯であるクリや乳首も、一緒に刺激するとなおよしです。最初からクリ刺激用の突起がついているバイブだとやりやすいと思います。

※ローション必須!

セックスでもオナニーでも最重要ポイントは、唾液などでヌルヌルにすることだと私はいつもお伝えしています。セックスでは愛液や相手の唾液で代用できるかもしれませんが、バイブを使用するときには絶対、ローションをつけることをオススメします。特にクリと膣口にはたっぷりめで。

ベストな姿勢を探して

クリや乳首を触るとき、姿勢を変えることで快感が大きく変わることはないかもしれませんが、膣では姿勢によって気持ちよくなることもあれば、反対に痛みを感じることもあるほど、快感を“姿勢”が左右しますよね。

自分がラクな体勢でいることが第一ですが、膣内は色々な角度・スポットを試してみて、「ソコソコソコ~~~」を見つけられるかどうかが大きなポイント。快感ポイントから少しでもズレていると全く気持ちよくないものです。俗に「快感スポット」と言われている場所も、人によってそれが膣内のどのあたりなのかは様々。バイブを上下・左右に傾けるなど微調整を行って、自分の快感スポットを探り当てましょう。

ちなみに、バイブに慣れていないのに、膣内でグイングインと動く「スイング機能」をいきなり試しても、やっぱり「即キモチイイ!」とはなりにくいです。最初はその機能はオフにした状態で、自分の手でゆっくりと出し入れした方が、快感スポットを見つけやすいと思います。お試しあれ。

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

グラマラスバタフライ モイストタイプ 12個入