恋愛・セックス

膣は「圧迫」よりも「ゆるめる」? 深く長い快感でイキたいときの膣コントロール!

【この記事のキーワード】
Photo by Hamza Butt from Flickr

Photo by Hamza Butt from Flickr

セックスで「イク」とき、カラダを力ませていますか? オーガズムに達するとき、その行為に没頭していること(集中力)と「筋肉の緊張(力む)」が必要だといわれています。

女性に勧められている「膣トレ」の多くは、腹筋や肛門など、骨盤周辺の筋肉を強化するもので、力む際にも効果を発揮します。しかし、膣トレにチャレンジしてみても筋肉の緊張がうまく出来ない、力み方が正解かわからないという女性もいることでしょう。

逆に意識しすぎて、ペニスを挿入してから気付けばずっと下半身に力が入っているという方もいるのではないでしょうか。私もそうです。「相手のちんこに強い刺激を与えたい」「自分もうまいことイキたい」……という思いからだったのかもしれません。おかげですぐ疲れるし、翌日には筋肉痛に襲われます……。

力めばいいってもんじゃないようです。そこで今回、お伝えしたいのは、セックスの時間がたっぷりある時に試していただきたい、“脱力イキ”について。脱力した状態でイクこと……、あるんです!

膣トレしてもイケない人は、膣ゆるませ?

先日、たっぷりとセックスをする時間があったので、イクことにこだわらず挿入を楽しむことにしました。そのため、疲れてしまわぬように、敢えて力まないようにしていたのです。しかし! 最後まで力むことはなかったのに、そのままイッてしまったのです。はじめてのことで自分でも驚いたのですが、実はこのようなこともあるようです。

膣トレをして筋力をつけていても、セックス時に力んでみてもイケない方は、もしかしたら、“力む”のではなく“緩ませ”てイクことができるタイプかもしれません。筋肉の緊張を必要とする女性がほとんどではありますが、カラダの力を抜いた状態のほうがイキやすい方もいるようです。

我慢することで、快感上昇

男性が射精を“我慢”するときは、下半身にギュッと力を入れます。女性が“我慢”するときは、反対に下半身の力を抜く(脱力する)と、イクのを遅らせることができます。深く長く続くオーガズムを感じるために、イクことを我慢する女性もいるんだとか。

我慢をしている状態でも、こすってゆっくりとピストンを受けることで、快感の波は徐々に大きく上昇し続け、最後にはオーガズムを感じるようになるようです。さらに我慢したあとの快感は、いつもよりも深く、長く続きます。

※女性側が力を抜いた状態にも関らず、女性は「挿入されて気持ちいい」と感じ、男性も「ゆるい」と感じずにピストンを続けられるということは、ペニスサイズとの相性がとても重要になりますが。

オナニーは、深呼吸を取り入れて

「力を抜く」って、簡単に思うかもしれませんが、セックス中に“敢えて”脱力することは、なかなか高度なテクかもしれません。そこで、オナニーのときにも力を抜くコントロールができるように、練習してみませんか。組み込んで欲しいのは「深呼吸」!

横たわった体勢で、息を思い切り吸って、全部出し切るように、ゆっくりと深呼吸をしながら脱力。「心はリラックス・膣は脱力」と頭に浮かべながら、ゆっくりと膣に指やバイブを挿入しているときも、深呼吸を続けます。心身リラックス状態でのオナニー、リラクゼーション感があります。

脱力といっても、全身の力が抜けて、まぐろ女子のように「されるがまま」状態になるのとは違いますよ。スポーツセックスではなく、リラクゼーションセックスもまた愉し。

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

膣洗浄器インクリア3本入