ゴシップ

風俗勤務が彼氏にバレた! 彼氏を言いくるめた風俗嬢の言い訳

【この記事のキーワード】
『下北沢ダイハード』公式サイトより

『下北沢ダイハード』公式サイトより

 自分の彼女が風俗で働いていたら……知りたくなかった事実を突きつけられ、パニックに陥る男の姿が98日放送の『下北沢ダイハード』(テレビ東京系)で描かれました。

 無職の田川のりお(青柳翔)は、キャバ嬢の彼女・みわ(馬場ふみか)に養ってもらいながら、パチンコに明け暮れる日々を送るヒモ。ある日もパチンコ店の開店を待っていましたが、その時かかってきた友人からの電話で、みわが池袋の風俗店に勤めていることを知ってしまいます。キャバ嬢だと思っていた彼女が風俗嬢だった……嫉妬深いのりおは、みわがいろんな男と肌を合わせていることが絶えられず、彼女に風俗を辞めるよう説得します。しかし、みわは店のナンバーワン風俗嬢でした。月に風俗で100万円稼いでいる彼女は生活水準を下げたくないから「風俗は辞めない」と拒否します。

 みわは彼氏に風俗勤務がバレてもひょうひょうとしていて、店名も教えていました。しかし、彼女のようによっぽど開き直っていない限り、彼氏をはじめとする身内に風俗勤務が知られるのは、どの風俗嬢も絶対避けたい事案でしょう。実際、筆者も知人の風俗嬢から「家族に風俗がバレて店を辞めた子がいる」と聞いたことがあります。

 筆者の友人であるオナクラ嬢のきこさん(24歳/仮名)も、彼氏に風俗勤務がバレてしまった風俗嬢です。ですが、彼女は彼氏を無理矢理言いくるめて、現在もオナクラ店に勤務しています。

「自分は嬢ではなく、サクラ」

 きこさんはオナクラ店から数駅離れたところで彼氏と一緒に暮らしています。彼氏には、飲食店で働いていると嘘をついていました。彼氏はそれを信じていましたが、ある日風俗勤務がバレてしまいます。普段は持ち帰らない店の名刺を間違えて鞄に入れてしまい、それを彼氏が発見してしまったのです。もちろん名刺には店名・源氏名が書いてあるので、それを頼りにネットで検索すれば、“風俗店のHPに掲載されているきこさんの写真(モザイク付き)”を確認できてしまいます。

 きこさんの彼氏も『下北沢ダイハード』ののりおに負けず劣らずの嫉妬深い男性で、泣きべそをかきながら「オナクラで働いてるんでしょ……」「辞めてほしい」と名刺を差し出してきたそうです。勤務している店はバレている、そしてHPの写真を見られてしまっている、そして何より名刺を見られてしまった……完全にアウトです。

 しかし、きこさんは驚きの方法で彼氏を言いくるめてしまいました。「自分は嬢ではなく、サクラ」と嘘をついて。「店では接客ではなく、裏方をやっている。スタッフだけど、在籍の嬢を多く見せるために写真をサイトに掲載している。出勤情報はフェイク」だと。苦し紛れすぎる言い訳ですが、彼はすっかりその言葉を信じたそうです(おバカ……なのかな?)。きこさんは機転が利く人で、口も上手だから、嘘っぽい言葉も本当のことのように聞こえてしまったのかもしれません。

 彼氏が少し(?)抜けているおかげで身バレの危機を乗り越えたきこさんは、今もオナクラに勤めています。彼氏はオナクラ店に向かう彼女を「今日もお仕事頑張ってね~」と言って送り出してくれるそうです。もしかすると、彼氏は真実を知っていて、つらい気持ちを抑えているのかもしれません。そうじゃなきゃ、おバカすぎですよね……“出勤する”風俗のサクラって聞いたことありませんよ!

月島カゴメ

アニメもゲームもBLも嗜む雑食系オタク。最近はキッズアニメ(プリパラ、プリキュア)を見ている時が一番楽しい。オタクのくせに変な行動力がある。なお、貞操観念はほぼない。いつかメンヘラに闇落ちする日がくるんじゃないかと、少し怯えています。

twitter:@kaaagome_

下北沢ダイハード Blu-ray BOX(5枚組)