ゴシップ

斉藤由貴の不倫相手がテレビ出演し迷言連発!「ナルシスト感すごい」「自分に酔ってる」

【この記事のキーワード】

 さらに「容姿に対して自信なさげに、世間でいう“劣化”と言われていた中から、だんだん輝いてきて、それがみなさんからも称賛されて、その中で生活も頑張って子育てもして自信をもってくるという、そういう1人の女性のプロセスに関われたことというのは、贅沢以外の何ものでもないですよ」とまで言い放つ不倫相手の医師。

 不倫疑惑報道後に男女の関係を解消したらしいが、斉藤が良い仕事をして世間の人々に良い影響を与えてるのなら「僕は黒子でいい」「僕はそれで十分」と満足げだ。そんな自分に感動したのか、「ごめんなさい、そんなこと言うと涙出てきちゃう」と……シラフのはずだがかなり酔っている。そして最後に「今でも僕は斉藤由貴さんを守ってあげたい。ただ今の僕にはもうそれができません」と語りVTRは終わった。

 高橋真麻(35)はVTR中に顔をしかめたり首をかしげるなど明らかな嫌悪感を示しており、VTR明けには「言葉のチョイスとか聞いたことに対する返答がのらりくらりしていてあんまり良いイメージがない」とバッサリ。加藤浩次(48)も、「『僕がいたから斉藤由貴さんはもう一度輝けたんだ』というニュアンスに聞こえる」と疑問を投げかけていた。

 ネット上でも「ナルシスト感がキモ過ぎ」「言葉選びがいちいちキモい」「なにいってんだコイツ……」「自分に酔ってる」といった声が続出。不倫どうこうよりも、斉藤がこの医師に惚れた理由が気になってしまう。

(ボンゾ)

1 2

斉藤由貴 ベスト・ヒット BHST-188-SS