カラダ・美容

ぺこ&りゅうちぇる夫妻はOKで、武井咲&TAKAHIRO夫妻はNG…デキ婚ってそんなに悪いことですか?

【この記事のキーワード】

 私がデキ婚の子だと知ったのは、小学生のころ。母親から「結婚前に子供(私)を授かったんだよ」と聞かされた。それについて私は驚いたが、ショックではなかった。むしろ、「産んでくれてありがとう」と思った。母親が私を妊娠したのは19歳のころ。まだ遊びたい時期に出産の道を選んだことは、「すごいこと」だと成人してから実感した。

 母が私を授かった時代は、今よりもデキ婚夫婦の数が少なく、マイナスイメージもより強かった。義母にも嫌味を言われたという。だから母は「周りに『デキ婚の子だから』ってバカにされないよう、ちゃんと子供を育てた」そうだ。自分で言うのもアレだが、幼い時は両親に昭和時代かってくらい、厳しく育てられた(まともな大人になっているかは、また別の話)。

 デキ婚の子は不幸というイメージがあるかもしれないが、私は特別それを感じたことはない。もちろんすべてのデキ婚の子が当てはまるわけではないと思うが。どちらかと言えば、「デキ婚=だらしない。無計画すぎる」という風潮に、親が罵倒されているようで心が痛む。デキ婚の子が傷つくのは、“親がデキ婚したから”ではなく、“デキ婚に負のレッテルを貼る人がいる”からだ。だから、その夫婦の事情も知らず、デキ婚を叩く風潮には「おかしさ」しか感じない。

1 2

月島カゴメ

アニメもゲームもBLも嗜む雑食系オタク。最近はキッズアニメ(プリパラ、プリキュア)を見ている時が一番楽しい。オタクのくせに変な行動力がある。なお、貞操観念はほぼない。いつかメンヘラに闇落ちする日がくるんじゃないかと、少し怯えています。

twitter:@kaaagome_

デキる女は「抜け目」ない―――デキる女がちゃっかり仕掛けていること51