恋愛・セックス

ビクンッ!と全身が跳ね上がる深い快感“深イキ”を体感するにはノーピストン!

【この記事のキーワード】
Photo by kunshou from Flickr

Photo by kunshou from Flickr

セックスで「イッたことがない」女性と同じように「軽くイッた感覚はあるけど、ずっとピクピクしてるような経験はない」と聞くことがあります。浅いイキ方でも、深いイキ方だろうが、心身ともに満たされているのであれば、それでいいと思いますが、不完全燃焼の状態で物足りなさを感じてしまうと、いつか深くイッてみたいと思う気持ちになりますよね。

でも、一体どこまでが浅いのか、どこからが深いのか、カラダの反応はどう違うのか……、私の場合、以下のとおりです。

*クリでイク(浅イキ):ピクッと下半身が跳ねるようにイッた後は、すぐに立ち上がって歩けるし走れる状態。またすぐ挿入されてもOK

*ポルチオでイク(深イキ):ビクンッと全身が跳ねるようにイッた後は、ピクピクと痙攣状態が続き、「もうダメ、休ませてくれ」状態で立ち上がることができません。

浅くイッた時と深くイッた時の感覚は全く違います。膣口付近がヒクヒクしている浅イキに比べて、深イキは、奥(子宮あたり)でヒクヒクしている感覚です。

深イキ開発はポルチオで

個人的には、中イキの中でも特に深~くイケるスポットはポルチオだと思っています。ポルチオ刺激のコツは「ノーピストン」! 正常位で男性が奥まで挿入した後、お互いの恥骨が離れないように「押す」ことがポイントです。男性がやりがちな「ガンガン突く」行為は痛いだけ。ピストン運動の必要はありません。

ポルチオ刺激で中イキの最高潮!? 深い快感を知る

止めないで!

セックスではじめてポルチオで深イキした時を思い出してみると、はじめて体感する前に、何度か相手の腰をホールドして止めていた気がします。奥から来るはじめての感覚に怖くなって何度か止めていた気がします。「怖い」というのは、今まで経験したことのない「奥からなにかクル~!」という感覚に「どうなっちゃうんだろう」と不安を感じたのかもしれません。

その過程を何度か経験して1度イクことで、不安や怖さはなくなり、カラダも深いイキ方を覚えていくと思います。相手のいるセックスでオーガズムを感じることが怖い方は、オナニーでポルチオを開発してほしいのですが、感じたことのない感覚が押し寄せてきても、それが痛みではないのなら絶対に止めないことが必須です!

1 2

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

トーリー式最強ポルチオ開発法-初級編-