ゴシップ

やっぱり寄生虫が住んでる!? 加藤茶「綾菜の食事はみんなで食べてる」発言の恐怖

【この記事のキーワード】
加藤綾菜公式ブログより

加藤綾菜公式ブログより

 2011年の結婚後から度々世間を騒がせている加藤茶・綾菜夫妻。これまでに、45歳年上で大病を患っている加藤に食べさせるにしてはボリューム満点で高カロリーすぎる綾菜の手料理や、綾菜のアクセサリーブランド「P.E」の転売問題、また、綾菜の友人たちが自宅に入り浸っていること、あげくの果てには出張ホストまで出入りしているという噂、旅番組に出演した加藤の生気のなさなどが話題になっており、2人の夫婦としての在り方には疑問を感じずにいられない。

 これらの問題から、最近世間に哀れみの目で見られていることの多い加藤が、16日に都内で行われた映画『キリングゲーム』の公開記念イベントに登場。『キリングゲーム』という映画のタイトルで瞬時に綾菜が連想されてしまったが、このタイトルと加藤夫妻の因果関係は不明である。このイベントで加藤は、綾菜との夫婦生活について語った。

 加藤の健康を害するのでは、との指摘があった綾菜の手料理について「バランスのいい食事を作ってくれる。うまいんですよ。最高」と絶賛し、あの膨大な食事の量に対して「(綾菜の弟を含め)3人で食べる分をいっぺんに作ってる。全部ひとりで食べてるわけではないですよ」とその理由を話し、かねてから同居していると噂のあった綾菜の弟の存在にも触れた。そして「(綾菜とは)今のところはうまくいっている。カミさんがいないとやっていけない」と夫婦仲のよさをアピールし、「子どもが欲しいんですけど、僕のほうが頑張りきれない。少し垂れてきた」と夜の営みについても語った。「プライドがある。頑張ってひとりくらい作りますよ。(バイアグラなどの)クスリには頼らないで、何とかヤリたい」と子づくりにも積極的なようだ。

 加藤は自分たち夫婦にまつわるネットでの様々な疑惑を払拭したかったようだが、これらの発言により、綾菜の弟・同居説は一気に信憑性が増した。あの油っこい料理の数々を加藤ひとりが食べていたわけではなかったという点では加藤の健康面への心配がほんの少しだけ薄れた。しかし、夫婦の食卓にはやはり綾菜の弟、もしくは自宅に入り浸っているという友人らが同席しているのだろう。

 そして70歳という年齢に屈せず「頑張ってひとりくらい作ります」と子作りにも意気込みを見せる加藤だが、過去に大病を患ったことから血管拡張を促進する作用のあるバイアグラは服用できないのでは、と言われている。クスリには頼れないし、年齢的にもセックスを頑張りきれないという加藤の姿には、なんだか悲壮感が漂う。当の綾菜については、加藤と結婚する前に『金持ちと結婚する会』に出入りしており、最近第2の加藤となるお金持ちを見つけるためにまたその会に顔を出しているという噂があり、メディアに出始めた頃から言われていた「整形し過ぎ」、「財産目当てで加藤に近づいた」、「秘書経験があると言いつつ本当はただのキャバ嬢だった」など、黒い話が尽きることは未だない。

 当人同士が幸せであれば、他人がとやかく言うものではないというのは正論かもしれないが、加藤夫妻についてはどうにもその一言で片付けることができない。ここまできな臭い話が豊富な夫婦もそういないだろう。ちなみに加藤は、志村けんにしきりに結婚を勧めているというが、志村がそれに納得する様子はないらしい。そりゃ、あんたら夫婦を見てたら当然だよ……。もし、いかりや長介が生きていたら加藤の様子に「だめだこりゃ」と言うに違いない。
(ルイコスタ松岡)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

赤ちゃんができる子宝マッサージ