ゴシップ

ビジュアル系ヴォーカルHが溺愛する「本妻そっくりの」ゴスロリ女子

【この記事のキーワード】
Photo by Henning Fernström from Flickr

Photo by Henning Fernström from Flickr

 90年代後半のビジュアル系バンドブームに乗って大ブレイクし、現在まで第一線で活躍する某バンドのヴォーカリスト・H。人気絶頂時に自分よりも高身長の超美人嫁をゲットし、二人の子供にも恵まれた。その後、元タレントの妻は芸能活動をセーブし、ここ数年はまったくメディア露出がない。今でもかつてと変わらぬ色白肌の美貌を保っていると風の便りに聞く。そんな美形夫婦にはこれまで一度、不仲報道があったが、結婚から13年経った現在も離婚することなく生活を共にしている。

 ただ、Hの方は少々火遊びが過ぎたようだ。20歳近く年下のゴスロリ系読者モデルに手を出したという話が、業界内で秘かに広まっている。というのも、そのお相手女性・Aさんがやや「病み系」であるため、Hとの情事を友人たちに披露してしまったらしい。彼女の友人女性(こちらもゴスロリ系)を伝って、話を聞いた。

 Aさんは全盛期の浜崎あゆみや奥菜恵を彷彿とさせる大きな瞳と、小柄で華奢な体躯、色白肌の可愛らしい女性だった。どことなくHの本妻にも似ている。年上のおじさんとセックスなしの愛人関係を結んでいると話し、「お手当」をもらって生活しているとのことだった。服装やメイクは先述の通りゴスロリ系で、世間的な“愛人”イメージとは程遠い彼女。腕にはリストカットの痕もあり、老婆心ながら心配になってしまう。

 しかしどのような嗜好があろうと、彼女の持って生まれた美貌は男たちにとって自慢のようで、HもアンオフィシャルなパーティーにAさんを連れて行き、仲間内に見せびらかしているそうだ。ある時は、Hと仲の良いGから「俺にも回してよ」と言われたが、Hは頑なに拒んだという。HにとってAさんは、ただの不倫相手ではなく、特別に可愛がっている存在だったのかもしれない。彼女の家を訪問する際は、プレゼントや手土産を欠かさなかったといい、高価な電化製品も贈ってもらったそうだ。一方の彼女も、Hの好物だというシュークリームを必ず用意して待っていた。

 ところが、ことセックスに関してはAさんは手厳しい。「意外と下手くそだし、早い」とバッサリだった。また、Hといえばニップルピアスも有名だが、乳首をどう愛撫するのかなどの詳細も伺うことはできず……。ちなみにHにはAさん以外にも同様の関係を継続している女性が何人かいるようだが、いずれも「色白華奢美人」。つまり、本妻とよく似たタイプの女性ばかりだ。せっかく妻以外の女性と遊ぶにしても、同じタイプの女性を揃えてしまうあたり、結局、Hは誰よりも彼女を愛しているのかもしれない。
(篠田ロック)

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

【TVヒルナンデス】で紹介!とろける・デ・シュー/クッキーシュークリーム【丹那牛乳・天然バニラ使用】のこだわりクリーム【6個入】