恋愛・セックス

肥満体型男性とのセックスは“しっくりくる”体位探しが難しかった……!

【この記事のキーワード】
Photo by saturnism from Flickr

Photo by saturnism from Flickr

 お笑いタレントの松村邦洋さん(50)が、約8カ月間「ライザップ」でのダイエットを実施し、体重を110.6kgから80kgにまで落としたそうです。確かに、以前の姿とは見違えるくらい、スリムな身体になっています。もはや別人レベルです。

 極度の肥満を脱することは、健康面や生活面にとっても良いことです。松村さんも痩せたことで「1人で靴下が履けるようになった。階段を上がれるようになった」そうです。肥満解消はさまざまなメリットがありますが、個人的にはセックスの面においてもあると感じています。女性側からしたら、結構おデブな男性とのエッチって、大変だったりするんです……。

ハプバーでおデブさんと……

 まず私は、おデブな男性は恋愛対象としては見られないな……って感じです。だから基本は“おデブさんはスルー”な私。でも、一時の気の迷いで、肥満体型の男性とセックスしちゃったことがあるんです。

 以前にも記録したように(記事はこちら)、私はハプニングバーに通っていた時期がありました。ハプニングバーとは、男女双方の合意があれば、“そういうこと”をしてもOKな場所です。もちろん、相手の男性はある程度吟味していたのですが、その日はちょっと酔っ払っていて、かなり開放的になっていました。それで、いつもならスルーしている肥満体型の男性を選んでしまったのです(あちゃー)。

 年齢は私(当時20代前半)とほぼ同世代だった気がします。体型は痩せる前の松村さんほどではありませんが、なかなかのおデブさんでした。タレントの内山信二さんくらいだとイメージしていただければ。「手がクリームパンみたいwwww」ってイジりまくっていたのを今でも覚えています。

1 2

月島カゴメ

アニメもゲームもBLも嗜む雑食系オタク。最近はキッズアニメ(プリパラ、プリキュア)を見ている時が一番楽しい。オタクのくせに変な行動力がある。なお、貞操観念はほぼない。いつかメンヘラに闇落ちする日がくるんじゃないかと、少し怯えています。

twitter:@kaaagome_

自宅でできるライザップ 運動編