カルチャー

“ハイロー沼”その底なき魅力!! 腐女子とLDH『HiGH&LOW THE MOVIE 2/ END OF SKY』

【この記事のキーワード】

 チームの絆、背中を預けられる相手、「昨日の敵は今日の友」、宿命のライバル、血のつながらない兄弟、バカ男子たちのワチャワチャ……腐女子の好きなものが全部詰め込まれた映画が、現在絶賛公開中でございます。そう、『HiGH&LOW THE MOVIE 2/ END OF SKY』のことです。

 

 「HiGH&LOW」は、2015年に始まった深夜ドラマに端を発する一大プロジェクトです。EXILEや三代目J Soul Brothersなどを擁するLDHが、企画から製作まですべてを担っています。「腐女子とLDH」といえば、鰻と梅干、天ぷらとスイカくらい食べ合わせの悪いものでした。その状況が一変したのは、昨年夏に公開された映画『HiGH&LOW THE MOVIE』からです。

  『HiGH&LOW THE MOVIE』には、総勢50人近い男性キャラクターが出演しています。そのどれもが、「100人の拳を受けて最後まで立っていた番長」だの「胸を病んで喀血するスラムの自警団のリーダー」だの、「昔自分を救ってくれた男が気が狂ってしまったのを見捨てず付き従う男」だの、マンガやアニメさながらの濃いキャラ付けを持ち、そして何より顔がいい! その男たちが、各々の思惑やプライドを懸けて全力で殴り合う!! それはもう好きになっちゃうのは仕方がない!!! 実際、昨年夏以降、“ハイロー沼”に移住した腐女子は少なくなく、そこから多くが芋づる式にLDHのグループにも流れました。

 そこから1年たった今年811日、続編となる『HiGH&LOW THE MOVIE 2/ END OF SKY』が公開された次第です。アクションや映像、ストーリーの素晴らしさについてはいろんな人が解説していますので、ここではいち腐女子から見た見どころを紹介したいと思います。

めちゃくちゃに強いのに“嫁感”がすごい「九十九」

「HiGH&LOW」公式サイトより

「HiGH&LOW」公式サイトより

 まず最も注目したいのは、前作でラスボスとなった琥珀(AKIRA)と、その相棒・九十九(青柳翔)です。2人は、ハイローという物語の発端となっているバイカー集団「MUGEN」の創始者とそのメンバー。MUGENは琥珀が幼馴染の龍也(井浦新)と2人で始めたバイク好きのグループでした。九十九は天涯孤独の身の上で、捨て鉢な人生を送っていましたが、ある日琥珀と出会って命を救われ、以来MUGENのメンバーとなります。ですが、勢力を拡大するMUGENを邪魔に思ったヤクザによって龍也が殺され、九十九も意識不明の重体に陥ってしまいます。結果、琥珀は復讐に取り憑かれ、本来の姿を失ってしまうのでした。昏睡状態から目覚めた九十九は、琥珀がおかしくなっていることに気づいて止めたいと感じながら、あくまで付き従います。そして彼を正気に戻すために、同じくかつてMUGENのメンバーだった後輩2人と九十九が琥珀と殴り合いをするのが、前作のクライマックスでした。

 ラストシーンでは、九十九が琥珀のタバコに火を付けてやり、2人で去っていきます。作中ずっと苦い顔をしていた九十九はそのとき、初めて口の端を歪めて笑うのです。昨年実施された応援上映では、その瞬間「九十九ーーー!!! よかったねー!!!!!」という歓声が飛び交いました。

 今作『HiGH&LOW THE MOVIE 2/ END OF SKY』でも、九十九は琥珀に寄り添い続けます。1〜2歩下がって付き従うその姿はほとんど「嫁」。物語のカギを握るUSBを預かった琥珀が海外へ飛べば、それに同行する。MUGEN時代のライバル・雨宮雅貴(TAKAHIRO)がUSBを琥珀に預けに来るシーンでは、雅貴が立ち去るまで背後で控えている。亡き龍也の写真に琥珀が手を合わせている場面では、直視せずに後ろで待っている。完全に、亡くなった前妻に手を合わせる夫を見守る今の妻です。前作のラストから今作にいたるまでの時間に、2人の間に決定的な何かがあったとしか思えません。

 何より重要なのは、九十九がめちゃくちゃに強いことです。前作でも、昏睡状態から目覚めた直後なのに琥珀と完全にやりあっていましたし、今作では車にハネられても無傷で、自動車を蹴って攻撃に使ったり、動く車に走って追いついたりします。とんでもない強さを持つ男が、自分の信じる男についていく姿は、腐女子の心をつかんで離しません。

1 2 3 4

HiGH&LOW THE MOVIE