ゴシップ

木下優樹菜、自身の子育てに「間違っていた」…共感の声続出も「愛していれば大丈夫」なのか?

【この記事のキーワード】
木下優樹菜 インスタグラムより

木下優樹菜 インスタグラムより

 9月13日、木下優樹菜(29)がInstagramで、今までの子育ての仕方を改めるという1000字近くの長文を投稿して話題となっている。

 2012年に長女、15年に次女を出産している木下は、今までの子育てが間違っていたとふと思ったらしい。その理由が「彼女が近い未来 なにか普通に失敗をしたときに 普通の子でも失敗するようなことでも芸能人の親だから。とかね、彼女に言われたくないから 人一倍厳しくしてきちゃったことに 彼女にとったら芸能人だろうが関係ないのに ただ私の立場を押し付けてしまっていたことだろうに。今更これでよかったんだろうか」(原文ママ)とのこと。

 何かやらかすと「これだから二世は……」と言われてしまう芸能人二世である娘を守るために、木下は厳しくしつけてきたとのこと。その結果、5歳になる娘は周りと比べてかなり聞き分けの良いしっかりものに育ったそう。それでも木下は毎日100点を求めてしまい、気づいたら酷い言葉で娘を注意していたとのこと。

 厳しいしつけのせいか、長女は夫の藤本敏史(46)の前と、木下の前とでは態度がガラリと変わるようになり、その姿を見ると藤本と長女の両方に怒りが込み上げてしまうそう。木下は藤本と泣きながら話し合いをして、藤本の「根気負けしたらだめ」というアドバイスに胸のつっかえが少し解消されたようで、「もう知らねーよ!とかどこかに1人で行っちゃいたいとか1人になりたいとか!と投げ出したくもなるけど、私みたいな バカな母親だけぢゃなく 母親みんな いろんな育児の壁を乗り越えて乗り越えて頑張ってるんだもんなぁ!」「よく優樹菜育、憧れてます! とか嬉しい言葉頂きますが、うそつきたくないからいいます。わたしいま、ほんとうにだめな母親っす!」と正直な心の内を綴った。

1 2

ユキナ育。