ゴシップ

型破りヒーローだった木村拓哉、正念場を迎え「実は真面目な常識人なんですよ」と地道な軌道修正をはかる日々

【この記事のキーワード】
木村拓哉

「イメージ」が強すぎるって大変だよね

 98日。ついに元SMAPのメンバー稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)がジャニーズ事務所との契約を満了し、事務所を退所した。この日SMAPファンたちは、彼らのヒット曲「がんばりましょう」の中に出てくるためファンの間では<聖地>と呼ばれる東京タワーに続々と集結。大展望台にあるタワー大神宮に再結成を祈る絵馬を奉納。また館内の土産物ではアルファベットのイニシャルが記されたキーホルダーのうち<S><M><A><P>の文字のみが売り切れとなっていたという。みんな再結成を心から願っているようだ。

 未だファンの心を掴んで離さないSMAPという大きな存在。9月18日に10時間生放送された『ミュージックステーション ウルトラFES』(テレビ朝日系)で発表された「元気が出る超(ウルトラ)ソング ベスト100」では、7位に「世界にひとつだけの花」がランクインした。“アイドル”の中でSMAPは間違いなく別格だった。

 だが、メンバーたちは着実にそれぞれの新たなる道を歩み始めているようだ。香取と草なぎは、9月10日放送のラジオ番組『ShinTsuyo POWER SPLASH』(bayfm)で、「ありがたいことですよね。退社をするということなのに、関心を持っている方がたくさんいて、『どうすんのかな、心配だ』ってファンの方の声も届いているので。心配している人もいると思うんですけど、でもとりあえず頑張っていこう、とね」とファンからの心配に言及。草なぎは「(初めて進む道だけれど)それを不安というのではなくて、それはワクワクする気持ちに変えて楽しみにしようって」とポジティブな言葉でファンを安心させようとした。

 香取もまた、「応援してくれている皆さんに、不安だったりネガティブな感情を抱かせてしまっているのは申し訳ない。でも、本当に、ポジティブにね。これからのことは、どんどん始まっていくんでね」と前を向いている。香取といえば、解散騒動の渦中に「芸能界引退の意向」「芸術家に転身」「海外留学」等のゴシップ報道があふれ、今にも本人の意思で日本の芸能界から去っていくかと思われたが、しかしメインMCを務めるバラエティ番組『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)7月19日放送回で、香取は「引退しない」と明言した。アンタッチャブル山崎弘也の問いかけに答えるかたちで、「(20代ならともかく40歳になった今さら)いま留学して勉強しない」「画家は微妙かな? 絵は描きたいけど」「(これまでのスタンスと)一緒。一緒だよ!」「こんな時だから言うけど……俺、引退しないから!」とはっきり宣言。

 稲垣吾郎は、「週刊文春」(文藝春秋)の直撃取材に応じず一度は走り去ったにもかかわらず、わざわざ記者のもとに戻り「これだけは言わせて」「これからもファンのために頑張っていきますので、よろしくお願いします」とコメント。さらに9月13日、自身のラジオ番組『編集長 稲垣吾郎』(文化放送)で、次のメッセージをリスナーに届けた。

「編集長ではなく、稲垣吾郎からのお知らせがあります。みなさんが気にしてくれているこの番組は10月以降ももちろん継続させていただきます」
「みなさんの思いというか、気持ちというのはね、僕は一生忘れることなく、芸能活動も続けていきたいなと。僕の気持ちは十分みなさんに伝わっていると思いますので、この番組ももちろんのこと、今後もよろしくお願いいたします」

 三人とも、ジャニーズ事務所を退所したからといって、すなわち芸能活動を縮小するわけでも、まして引退するわけでもない。そのことを自らの口ではっきり明らかにしてくれたのだった。これに安堵を覚えたものの、そうはいっても業界政治のはたらきにより、これまでのスタンスでの芸能活動を“妨害”される懸念を拭えないファンも少なくないだろう。しかし事務所に残った中居正広(45)は、全力で彼らをサポートする所存だという。

1 2

マスカレード・ホテル (集英社文庫) 検察側の罪人 上 (文春文庫)