カラダ・美容

アナルオナニーの超絶快感に目覚めてしまう…! 1本の指から開発していく基本ステップ

【この記事のキーワード】

Photo by e-ta-i from Flickr

Photo by e-ta-i from Flickr

お尻の穴。それは本来、排泄器官であり、性行為に使用するべき部位ではありません。でも、膣とひとつの薄い皮で繋がっている肛門は、刺激によって大きな快感を得ることができるもうひとつの穴なわけで……私自身、アナル舐めや指先で刺激すること・されることは大好きでございます。

そうはいってもアナルセックスはまだ未経験ですし若干怖い。相手がアナルセックス経験者であっても、アナル未開発の場合は、未知の世界に不安や恐怖の気持ちが大きくなってしまいます。緊張して肛門周りに力が入ってしまうことで尚更、快感よりも痛みを感じてしまうおそれもあります。まずは、自分でアナルの刺激・挿入の感覚をじっくりゆっくりと覚えてから……じゃないかなと。

肛門と膣の間にある「会陰」のオナニーも気持ちイイものですし、アナルの前に会陰の刺激から慣れていって、その次のステップとしてセルフアナル開発!

新鮮な快感「会陰オナニー」 じわじわヒクヒク感じたい

茶色いものが指に付着しないように

本来、アナルは便を排泄する場所なので「汚い」ことは間違いありません。そうです、アナルオナニー(アナニー)で1番肝心なことは、準備! 膣を触るオナニーでも、スタートからフィニッシュまで清潔な状態を保つことは必須なわけですが、アナルは特に気をつけて。「アレ、茶色いものが指先に……」なんてことがないように、入念な準備をしましょう。面倒な準備の先に待っているのは、膣の気持ちよさや会陰のゾクゾク感とも違う快楽かもしれません。さぁ、準備をはじめましょう。

アナニーも色々な種類があり、指・バイブ・奥まで突く方法など、人それぞれお好みのバリエーションがあるでしょうが、今回は、指で刺激を与える基本的なアナニーの方法をお伝えします!

ツメのお手入れ・アナル洗浄の準備を!

用意すべきマストアイテムは、「コンドーム」と「ローション」。どんなオナニー(セックスも!)でも手は清潔にしておくべきですが、アナルは特にデリケートで傷つきやすい場所です。爪をカットし、やすりで滑らかにすることまで忘れないでください。コンドームを被せるとはいえ、爪でゴムが破れてしまっては本末転倒。

洗う

お尻は、シャワーやウォシュレットで洗い流しましょう。アナルの入り口付近をボディソープの泡をつけた指で優しく洗います(ほ~んの少しだ

アナルマッサージ

アナルへの刺激は、クリや膣を刺激するときのように直接的な快感にすぐつながるものではありません。優しくゆっくりと刺激を与えることになります。そのため、指と肛門周りを清潔にした後は、リラックスできる環境&姿勢で自分にとってのベストアナニーポジションを探して下さい。

ローションをつけて「会陰」や肛門周りから……

リラックスした状態で、ローションをたっぷり使用しましょう。アナルは膣のように愛液を分泌しないので、潤滑油となるローション、または唾液をたっぷりつけることがポイント!

ローションをつけたら、アナル周辺と入り口をほぐしていくことからスタートします。会陰を含めたアナルの周辺に、円を描くように指(人差し指か中指)を這わせます(離れた場所から穴に向かって)。何回かグルグルを繰り返して、アナルの緊張がほぐれてきたかなぁ~と感じたら、途中でアナル本体を軽くタッチしてみます。この刺激にも慣れてきたら、挿入しない程度に指でグッと押してみましょう。

コンドーム装着で挿入!

アナル周辺がほぐれてきたら、いよいよ挿入のお時間です! コンドームを装着した1本の指を優しくゆっくりと挿入していきます(通常のペニス用のコンドームでOKです)。指を出し入れしますが、挿入の深さは、3㎝ほど(第一関節くらい)で十分です。この時、クリや乳首など、最も感じる性感帯を一緒に刺激すると感度がアップしますよ!

出し入れしている際、少しでも痛みを感じたら中止してください。

挿入したときに「特別、気持ちよくない」と感じるかもしれません。そうなんです! 膣は挿入の瞬間に「ンアァッ!」となる方も多いかと思いますが、アナニーの醍醐味は、挿入時よりも抜く瞬間! ゆっくりと出し入れを繰り返してみてください。

アナニー後のアナル洗浄も忘れずに!

ここまで煽りましたが、アナニー初日で快感が押し寄せてくることは稀です。時間のある時にゆっくりと刺激・挿入をして開発し、アナルの成長を楽しめばイイんです。そしてアナニーが終わったあとは、準備のときと同じように、清潔な状態に戻すようにしてください。

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。