恋愛・セックス

Gスポット刺激どうしてる? 浅い挿入が正解、Gスポットにヒットする最適な体位はコレ!

【この記事のキーワード】
Photo by Marc Diego from Flickr

Photo by Marc Diego from Flickr

潮吹きをする場所としてもお馴染みの「Gスポット」。実は、優しい刺激でも快感を得られる性感帯でもあります。

このGスポットを刺激するにあたって「手(手マン)でするもの」「ペニスでは不可能」だと思っている方が男女ともにいらっしゃるようです。中には「Gスポットを刺激してほしいけど、手マンは嫌いだし……」と諦めている方もいるとか。諦めないで! ペニスでもばっちり刺激できる場所ですよ! 個人的には、手マンよりもペニスを活用したGスポット刺激のほうが数倍感じます。

合言葉は「角度と亀頭」!

まず最初に、Gスポットをペニスで刺激する際は、挿入時のペニスの「角度」と「深度」が大事なポイントになります。勃起して硬く反ったペニスは恥骨の裏側にあるGスポットに向かってインサート!

そして、亀頭がGスポットに当たるように“浅い”挿入も大事な要素です。実はコレ、深く挿入することよりも難しいかもしれません。経験の少ない男性の場合は「こんなに浅い挿入でいいの?」と不安になってしまうこともあるでしょう。女性側が「Gスポットをはるかに超えて、深くまで入りすぎてるな」と感じたら、お尻の位置を動かして調整するなどして、ベスポジを探し当ててください。そして、亀頭にGスポットを押しつけること(圧迫)を意識するんです。

抜けやすい? いいんです!

挿入が浅いということは、おのずとペニスが抜けやすくなりますが、それでいいんです! Gスポットへの刺激方法は、前後にピストン運動をするというより、上下にペニスを大きく振るようにして圧力と振動を与えることがポイントなので、浅い挿入が正解!

さらに、女性は膣口への刺激、男性は亀頭への刺激と、浅い挿入だからこその大きな快感が得られるのも、Gスポット刺激ならでは!

Gスポットに強い刺激を与えると開発されていない女性は特に、激痛に襲われる方もいます。指で亀頭を使いながら弱から強へ……少しずつ強い刺激に慣れるようにしてください。

では、挿入後のポイントを理解した上で、Gスポットを刺激しやすい、オススメ体位をご紹介します!

1 2

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

MEIYIN(メイイン) クリとGスポット用バイブ クリの吸盤 乳首吸引 振動10段階 女性用 (パープル)