恋愛・セックス

実践的なフェラチオ練習法! 咥える・舐める・アナルにも役立つ舌先強化に最適なフード3選

【この記事のキーワード】
Photo by James Baker from Flickr

Photo by James Baker from Flickr

先週末、舌先や唇の強化にオススメのトレーニング方法を暇さえあれば実践し、舌をグルングルン動かしていました。おかげさまで口周りが筋肉痛です。でも、きっとフェラの舐め技も上達しているはず……。

フェラチオが急激に上達! 柔軟な舌と唇の吸引力、しなやかな手首まで…おひとりさま簡単トレーニング

さて、トレーニングで舌や唇の柔軟性を手に入れたものの、実際に咥えたときに歯が当たってしまう問題や、舐めかたや舌の力加減がわからない問題があったりします。ということで! 今回は、食べ物を使用した「唇で咥える」「舌で舐める」練習方法をお伝えしたいと思います。

人差し指と中指を揃えてペニスに見立ててフェラ練習をしている友人もいましたが、個人的には食べ物のほうが失敗した箇所がわかりやすく、上達までの道のり短縮されるのではないかと感じています。

咥える練習・バナナ

フェラを連想させる食べ物の代表的存在、バナーナ。バナナ農園の人に後ろめたい気持ちになりますが、もうそういうふうに覚えちゃったんだから仕方ない。

*ペニスに似た形状のため、実践に効果的

*柔らかい果肉のため、歯を立ててしまうと削れたり折れるためすぐ気付く(反省点がわかりやすい)

以上の理由から、フェラ(咥える)の練習には、バナナが最適だと思います。

持ちやすいように、バナナの皮を半分くらい剥いた状態で練習スタート! 果肉部分をペニスと想定して口に含みますが、このときのポイントは「触れる面積を広く」「歯は立てない」2点。咥えた際、上あご・舌(できれば口の側面)をバナナに触れながらも、歯を立てないように上下に頭を動かして往復させます。上下の往復を繰り返した結果、バナナの果肉部分が尖ってきているようなら……、おめでとうございます! 上あごや舌でうまく触れている証。

舐める練習・アイス

続いて、舐める練習にうってつけなのはアイス! アイスメーカーの人ごめんなさい! 棒状の氷アイス、「アイスキャンディー」派の方、コーンカップの上にアイスクリームが乗っている「ソフトクリーム」派など、アイスを活用したフェラ練習も様々な方法があるようです。どちらの方が練習に向いているのか考えてみましたが、どちらもそれぞれにメリットがあるように思います。

 *アイスキャンディー:氷が溶けて手元に垂れてこないように、ベロ~ンと大きく舐めますよね。この行為は、舌全体を使った愛撫の練習になります。

*ソフトクリーム:舌先で根本からチロチロと舐めたり、舌全体で先っぽに向かって舐めたり、繊細な動きを存分に練習できそうです。

舐めている表情が相手にはどんな風に映っているのか、目の前に鏡を置いて、フェラ顔のチェックもしてみてはいかがでしょうか。なかなか恥ずかしいんですけどね。

舌先強化・チョココロネ

フェラの自主練上級者もイチオシしている、舌先強化トレーニングに抜群な食べ物は「チョココロネ」! パン屋さんごめんなさい!

「低糖工房 低糖質チョココロネ 8個」 出典:amazon

「低糖工房 低糖質チョココロネ 8個」 出典:amazon

写真のように、巻き貝のような形状の内側にチョコレートクリームが詰まっている「チョココロネ」。美味しいですよねぇ~。かぶりつきたい欲求を抑えて、舌先の練習をしましょう。

大きい穴から舌を挿入して、出来る限りチョコレートクリームを舐め取ってみましょう(歯形をつけないように)! 若干の硬さのあるチョコレートクリームが舌先トレーニグには程よくてグー! 気付けば可動域がかなり広がっているはずです。ちなみに、舐め取る力加減は、アナル舐めにも最適ですよ!

★食べ物を粗末にしないよう、トレーニング中・その後にきちんと頂きましょう。

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

フェラチオ教本