連載

透明感はどこ行った? 清純派女優・夏帆が自由すぎる!

【この記事のキーワード】
「ヒトリシズカ DVD-BOX」Happinet

「ヒトリシズカ DVD-BOX」Happinet

 日本テレビ系にて毎週金曜日の23時から放送されている『another sky(アナザースカイ)』は、毎回ゲストが思い入れのある異国の地を訪問し、何を思い、どんな体験をしてきたのかが楽しみなドキュメンタリー的旅番組である。

 12月20日の放送では同番組に女優の夏帆がゲストで出演していた。小学5年生の時、母親と原宿を歩いていたらスカウトされ芸能界入りしたという彼女。番組ではデビューして間もない頃に抜擢された「リハウスガール」のCM映像が流れ、透明感のある美少女ぶりが際立っていた。そのCMを久々に見たという夏帆は、よっぽど恥ずかしかったようで顔を赤らめながら「水飲んでいいですか?」とセットのテーブルの上に用意された飲み物でクールダウンさせようとした。しかし、水だと思って勢い良く飲んだそれは炭酸水だったため「水じゃなかった!」と動揺し、MCの今田耕司に「(昔の映像が)恥ずかしいの~? めっちゃ、かわいいやんか~」と言われて、更にしどろもどろになっていた。その様子もまたかわいらしかった。

 その後、2007年に公開された映画『天然コケッコー』(アスミック・エース)で主演を果たし、日本アカデミー賞を始めとする多数の映画祭にて新人賞を受賞し脚光をあびた。清楚で大人しめの役から強気でセクシーな役まで、幅広い演技力で様々な作品に挑戦している。

 小学生の時にデビューした夏帆は今年で22歳となり、芸能活動10周年を迎えたそうだ。そんな彼女が今回旅先に選んだのは番組初上陸となった“クロアチア共和国”であった。彼女はなぜクロアチアに行ってみたいと思ったのかを始めに語った。「お芝居は全部虚構の世界で嘘ではあるが、その中でも自分は嘘を付かずにお芝居したい」という気持ちがあって、いろいろな体験をしたいと思うようになったそうだ。そんな中で、自分が好きなジブリ映画の世界観を通して、その街並みや風景のモデルとなっているクロアチアの景色を目にすることが多かったため、素敵な所だとずっと憧れていたのだとか。女優として、更なる高みを目指すため、節目として訪れてみたかった土地だったようだ。

実は体育会系?

 まずは、クロアチアのドゥブロブニクという街の石で囲まれた美しい景観を、遠くの高台から眺めると、テレビカメラが回っているのにも関わらず「すっげー! そして、さみー! さみーよ!」と、せっかくの世界遺産の街並みを、寒さが邪魔して女優らしからぬ口調で乱暴に感想を述べちゃう夏帆。高台から徐々に下り建物に近い位置へと移動すると、さすがにその街並みの美しさに魅了されて、「どこから見ても綺麗ですね~、かっこいい! いいですね~!」と、“ピュア夏帆”が顔を出したのだった。

 夏帆はそんな憧れの地に降り立って、いよいよ石畳の街並みを歩き出すと「いいっすね! いいっすね! いいっすね! クロアチアいいっすね!」と運動部の部活男子のノリでテンションアゲアゲになり始めた。彼女は見た目が清楚な雰囲気があるし、大人しめの役柄を演じることが多いので、イメージ的にはあまりはしゃぐようなタイプではないのかと思いきや、念願のリアルな“ジブリ世界観”に触れることができて興奮してしまったようだ。

 すると、街の中の石壁にちょこっと飛び出した「マスケロン」という名前の人面石がお目見えした。なんでも「マスケロンの恋の伝説」なるものがあるそうで、「人面石の上に立ち、上着を脱ぐことができたら恋愛が成就する」と言われているらしい。

 その伝説の話を聞くやいなや、「これは、やります!」と、やる気満々になった夏帆。早速、石壁に向き合い、果敢にマスケロンの上に乗ろうとするのだった。

 ところが、これが思いのほか至難の技だったらしく、なかなかマスケロンの上に乗ることができない。上に乗って上着を脱ぐまでしないとダメなのに、乗ることすらできないのである。夏帆は「(上着を)脱ぎたい!」とムキになり始め、靴を脱いでみたり、いろいろ試行錯誤していた。画面には「22歳シングル女は本気になった」というテロップが踊り、夏帆のやる気を煽るのだった。彼氏が欲しくてめっちゃ必死のようである。もしくは、すでにお相手がいて結婚したいのだろうか?

1 2

テレ川ビノ子

テレビが大好き過ぎて、頼まれてもいないのに勝手にテレビを全般的に応援しています。おもしろテレビ万歳!

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ブラを捨て旅に出よう 貧乏乙女の“世界一周”旅行記 (講談社文庫)