連載

「うねりスウィング×薔薇の舌」バイブバー店員の一押しの“ご褒美バイブ”

【この記事のキーワード】

wildone_top

 こんにちは! バイブバー・ワイルドワン広報のYukaです。私の担当する『大人遊具百科』は“大人の図鑑”をテーマにお届けしております。

 カナダ発ラグジュアリーグッズでお馴染みのメーカーと言えば『SWAN』です。美しいホットピンクに目を奪われると同時に、ワイルドワンで取り扱っている商品だけでも17種類と、あまりのバリエーションの多さに「どれが良いの~」と迷わせる罪な娘たちです。それゆえ、「バイブバーの人なら、どれが良いのか知ってるに違いない!」と相談されることもしばしば……。はい、知ってます!

 そこで今回は、私の個人的なSWANランキング1『SWAN ブロッサム』をご紹介いたしましょう! 華麗なるフォルムなので女の子。

『SWAN ブロッサム ♀』

身長:215mm
太さ:37mm
体重:259g
サイズ感:L
太さ:L

スペック

USB式充電ケーブル
専用ポーチ
完全水洗い可
ロック機能付き

1 2

ワイルドワン/Yuka

20代で結婚するも大失敗(泥沼の離婚裁判)。赤子を抱えて厄払いにロサンゼルスへ気晴らし旅行に出かけ、思い付きでブティックを開業。海外と日本を行き来するバイヤー生活&ブティック経営でどっぷりファッションの世界にはまって15年、大手プチプラブランドにすっかり負けて閉店(チーン)。ブティック時代に「スタイル良いですね」ともてはやされた余韻で、すっかり調子の波に乗り、好きな筋トレを生かしてフィットネスの世界へ。西海岸で培ったラテンノリで20代の体育会系女子に煙たがられながらもジムで働き、ボディービルに挑戦。充実ライフを送りましたと見せかけて、不規則な勤務時間(←ただの悪口)に健康そうな業界で健康を害すという本末転倒な結果に(トホホ)。その後、たまたま見た求人の「アダルト」の文字に妙にときめいて、ワイルドワンの門を叩きます。アメリカかぶれしてるもので、『Sex and the city(←私の人生のバイブルですわ笑)』のサマンサみたいなSexを謳歌する、いや、アダルトグッズのオーソリティーになっちゃたら素敵かも!と軽いノリで飛び込みバイブバーワイルドワン広報に就任。人生が事故渋滞しておりますもので、もうそろ幸せになりた~い!(←心からの叫び)

Swan Blossom (ブロッサム)