ゴシップ

Hey!Say!JUMP伊野尾慧のビジネスキス4連発に負けない、長瀬智也のキス魔ぶり!!

【この記事のキーワード】
Hey! Say! JUMPオフィシャルサイトより

Hey! Say! JUMPオフィシャルサイトより

 10月1日に特別番組『DASHでイッテQ! 行列のできるしゃべくり日テレ系人気番組NO.1決定戦 2017秋』(日本テレビ系)が放送された。ここでHey! Say! JUMPの伊野尾慧(27)が男性たちとの熱いキスを披露し、ネット上では大反響が巻き起こった。

 レギュラー出演している番組『メレンゲの気持ち』を代表して出演した伊野尾。「芸能人が芸能人にこの場を借りて言いたい 初めての告白007」という企画で、伊野尾は「前回の番組対抗で出川さんとキスをして、『しゃべくり007』で泰造さんとキスをしたんですけど、泰造さんとのキスが一番良かったです」と、ネプチューンの原田泰造(47)に告白。

 伊野尾いわく、泰造の唇は「柔らかくて忘れられない感触」だったそう。すると、出川と泰造だけではサンプルが足りないという話題になり、その収録に参加していた様々な男性とキスをすることに。

 まずはチュートリアルの徳井義実(42)。徳井は、泰造のキスが良かったと語る伊野尾を「そんなに良かった? このキスより?」と強引に抱き寄せて顔が潰れるほどの熱いキスを交わす。すると徳井が逆に心を奪われたようで、「ホンマにイイ!」と伊野尾のキスを絶賛。

 続いてはみやぞん(32)。伊野尾と背中合わせになって「3、2、1でキスをしよう」とみやぞんが語り、3歩歩いて振り向いた後に軽いキス。すると、ここでも審査される側だったはずのみやぞんが「素敵な唇をお持ちで」「こりゃイイや」と感想を口にした。

 3人目は“ひふみん”こと加藤一二三(77)。ひふみんは伊野尾を抱き寄せ、頬と頬をくっつける海外の挨拶のような流れからキス。

 そして最後は暫定チャンピオンの泰造が、キスを散々していた伊野尾に嫉妬をするようなシチュエーションでキス。この結果、やはり泰造が一番だという結論が導き出された。

 伊野尾のキス連発にTwitter上ではファンが狂喜乱舞している様子が目立ったが、一部では「伊野尾くんよく頑張ったね……」「おじさんと伊野尾くんがキスして何が楽しいのかわかんないし、見てられなかった」「身体張ってすごいと思うけど、求めてるのとなんか違う」という労りや悲しみの声、「メンバーとは絶対にキスしたりしないし、光さん(八乙女光)が山ちゃん(山田涼介)にキスされた話で『俺全然そういうのわかんないんだけど……』とこぼしたりするくせに自分はホイホイ芸人さんとキスしちゃう伊野尾くんほんとわかんないラブミッサーイルブーーーンだよ!!!」「メンバーとキスをしてくれ!」「メンバーとのキスのほうが圧倒的に需要があることに気づいてお願い……」とメンバーとのキスが見たいとの要望もあがっている。

 しかし実際、伊野尾はメンバーとのキスこそしないものの、ジャニーズのアイドルグループではメンバー同士のキスが珍しくない。

1 2

Hey! Say! JUMP 2007-2017 I/O(通常盤)