ゴシップ

フジテレビによる定型謝罪は、メディアの差別問題を放置するのと同じ。とんねるず「保毛尾田保毛男」が不快だからダメなわけじゃないということ

【この記事のキーワード】
フジテレビによる定型謝罪では、メディアでの差別問題は解決しない。いまなお「保毛尾田保毛男」について無言を貫く「とんねるずのおかげでした」公式サイトの画像1

フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」公式インスタグラムより

 928日に放送された『とんねるずのみなさんのおかげでした 30周年記念SP【タモリたけし&みやぞん】』(フジテレビ系)で、28年ぶりにとんねるず・石橋貴明ふんする「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」を復活させたことに対し批判が殺到した件は、フジテレビ・宮内正喜社長による迅速な謝罪によって、事態は収束しつつあるように見える。

 本件については各種媒体で取り上げられた。wezzyでも「とんねるず“保毛尾田保毛男”が深刻な差別を孕んでいると気付かないフジテレビの愚行」を放送翌日に掲載している。

 以前「出川哲朗が『最も辛かった』と振り返る20年前のゲイ差別ロケを、いまだ笑い話にする日本テレビの変わらなさ」という記事で、1995年に放送された『解禁テレビ』(日本テレビ系)でゲイへの偏見を助長する差別的な番組企画が取り上げられ、抗議が起きていたことを紹介した。日本テレビ側は、抗議を行ってきた団体に対して、放送からおよそ3カ月後に事実上の謝罪をしている。そのことを考えると、フジテレビの対応は驚くほど迅速だったといえる。なお『とんねるずのみなさんのおかげでした』のFacebookInstagramでは、本件について何の言及もされていない。

 しかし単純に「20年の間にこれだけの進歩があったのだ」と言えるようなものではない。20年の間に進歩したのは、「迅速な謝罪」という火消し対応マニュアルでしかなかったのではないか。

 他誌報道によれば、宮内社長は定例会見において以下のように発言をしていたそうだ。

30周年スペシャルということで、30年間のキャラクターに(ビート)たけしさんが加わって展開した。もしこの時代と違っていて、見た人が不快な面をお持ちであれば、テレビ局として大変遺憾でおわびしなければならない

 またフジテレビの広報が「差別の意図はなかった」とも回答したという報道もある。

 「時代と違っていて」「不快な面をお持ちであれば」「差別の意図はない」といった言葉は、企業が読者や消費者、視聴者に対して謝罪を行う際に頻出する言葉だ。これらは近年使われるようになった言葉ではない。先に紹介した『解禁テレビ』の事例でも、まさに「不安感を与えた」「配慮が欠けていた」「差別の意図はなかった」と言葉を入り混ぜながら謝罪を行っている。

 「時代が違う」と言うが、いまようやく長い間声をあげ続けてきた人びとの声に社会が耳を傾けるようになってきたのであって、当時もこうしたキャラクターに傷ついてきた人がいた。「昔はよかったけれど、今はダメ」ではなく、「今も昔もダメ」なのだ。そもそも「時代は違う」と認識しているはずなのに、差別的な企画は様々な番組で流されているのはどういうことなのだろう。

1 2

先生と親のための LGBTガイド: もしあなたがカミングアウトされたなら