連載

恋愛依存症を経て気付いた真の”幸せ”とは?~2年ぶりにまんこに咲いた恋の行方~中編

【この記事のキーワード】

前回の続き】
まんこアート屋のくせに、セックスが苦手なわたし。
そんなわたしにも、久しぶりにヤラせていただきたいと思う殿方が現れました。
そこで、早速デートのお誘いメールをすることに……

manko122702

久しぶりの殿方とのデート。しかも自分からのお誘いです。
どのように書くべきか、2時間くらい悩みました。
その内容をさらす前に、わたしがいかに酷い人間であったかを懺悔がてらお話しする必要を感じたので、ちょっとだけご拝読のお付き合いください。

******************************

さてさて、今は一切男っ気のないわたしも、嘘みたいですが、昔は彼氏というものが途切れたことが1月しかないことが自慢の女でした。
わたしは人一倍寂しがりで、常に彼氏という名の保護者が必要でした。
そんなに人柄を重視せず、楽にイケそうな男に狙いを定めれば簡単に男と付き合えたので、当時はわたしはモテる方だと信じておりました。

男と付き合うのは簡単でした。
彼らの話が全然つまらなくても、
「◯◯くんて、すごーい☆」
と目をキラキラさせていればよかったのです。
会話は真剣に聞かなくてもいい。
むしろ真剣に聞いてうっかり意見など述べたなら、たちまち男はムッとします。
男は女の意見なんて求めてないのです。

manko122703

しかし最初はそれでよくても、だんだん持ち上げるだけにも飽きてきます。
意外に自分より物を知らない男は退屈だし、そのくせデート代は割り勘というケチくさい人ばかり。
(今思えば身の丈にあったお相手だったのですが)

結婚してからも、夫に満足できず、小さな浮気をたくさんしました。
世間の基準ではむしろ良き夫だったのに、罰あたりで浅はかなわたしは、結婚しても思ったほど幸せじゃないことに不満でした。
夫への愛はありましたが、セックスの相性が悪く、セックスが苦痛でした。
浮気という刺激により、退屈な毎日が満たされる気がしました。
セックスは相手によっては楽しいものだということも知りました。
しかし、それが結婚相手ではないことに、自分はなんて不幸なんだと(不幸は夫の方なのに)ますます辛くなるばかり……。
この結婚はやっぱり間違っているのでは? と思い始めます。
(今思えば身の丈以上の素晴らしいパートナーだったのですが)

だんだん年も取り、昔ほど簡単に男をひっかけるのが難しくなりました。
そこで、世の「愛され本」を読み漁り、男受けする研究にいそしみました。
なんと、結婚をしていたのに、独身を装い婚活サイトに登録まで……。
今思えば狂ってます。

manko122704

そんなバカなわたしだからでしょう。
いびつでおかしな婚活中に、なぜかまんこの整形に走ってしまいました。
我ながら意味がわからないのですが、それをきっかけに大事なことに気付くのです。

幸せとは、

男(他人)にしてもらうものではない、

ということ。

だから、どんな男と付き合ってもわたしは満足できなかったのです……。

かつてのわたしは簡単に男と付き合えた反面、ヤリ逃げのようなこともされました。
そんな男を恨みもしましたが、よくよく考えれば、「わたしを経済的に支えつつ愛もほしい」なんてすごく図々しい話ではないでしょうか。
ヤリチンを、「女を利用する悪い男」と言うのなら、
わたしの方こそ、「男を利用する悪い女」だったのです。

そんなことに気付かされたのも、人は笑うかもしれませんが、やはりまんこアートがきっかけでした。

まんこアートは誰も真似できないし、真似したいとも思わないでしょう。
しかし、よくも悪くも唯一無二の存在となり、わたしの承認欲求は完全に満たされたのでした。

manko122705

そうして、意に反して男に媚びを売り続けてきた自分がとても愚かに感じたのでした。
いいえ、男側にとっても失礼な話ですよね、誠に申し訳ございません!

反省したわたしはケジメとして離婚しました。
おかげで元夫には、真の幸せが訪れたと思います。本当によかったです。
わたしも、やっと保護者なしで自分の足だけで立つ勇気を得ました。

******************************

……前置きがちょーーー長くなりましたが、そういう過程を経ての、今のわたしなのです。
そんなわたしが書くラブレターはやはり、不器用であってもズルをしたり嘘はつきたくない! と強く思いました。

そこで、包み隠さず今の正直な気持ちを、こんな風にメールしました↓

 manko122706

愚直なまでに、ど直球!

こんなメールを女から貰っても困ってしまいますよね。ハイ、すまんこ!
当然スルーされてしかるべきです。
しかし、わたしは奇跡を信じました。
そしてこの後、なんと1日を経て、返信が届くのです……!
以下次号に続く。

■ろくでなし子 /漫画家。日本性器のアート協会会員。自らの女性器を型どりデコレーションした立体作品「デコまん」造形作家。著書に『デコまん』(ぶんか社刊)。『女子校あるある』(彩図社刊)

ろくでなし子ホームページ http://6d745.com/
日本性器のアート協会ホームページhttp://www.jsoa.jp/

backno.

ろくでなし子

漫画家。日本性器のアート協会会員。自らの女性器を型どりデコレーションした立体作品「デコまん」造形作家。著書に『デコまん』(ぶんか社刊)。『女子校あるある』(彩図社刊)

ろくでなし子ホームページ

[PR]
[PR]

messy新着記事一覧へ

ハート柄 メッセージが書ける ミニ 封筒 3冊セット バレンタインなどに