ゴシップ

『奥様は、取り扱い注意』ワケアリ主婦・綾瀬はるかと普通すぎる夫・西島秀俊に妄想を掻き立てられる新感覚ドラマ

【この記事のキーワード】
『奥様は、取り扱い注意』公式HPより

『奥様は、取り扱い注意』公式HPより

 今回は毎週水曜22時放送『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)に主演中の綾瀬はるかさんについて。初回視聴率は11.4%と好スタートを切り、「やたら可愛い」「アクションがかっこいい」と綾瀬さんがネット上で絶賛されるその理由を探っていこうと思います。

伊佐山菜美(綾瀬)は結婚生活半年のちょっとセレブな専業主婦。苦手な料理も愛する夫・勇輝(西島秀俊)のために頑張る日々。新居の近所に大原優里(広末涼子)、佐藤京子(本田翼)という主婦友達もできて、ごく普通の生活を満喫している……ように見えるのだが、実は菜美、元・特殊工作員という経歴を持ち、名前も偽名、戸籍は自ら用意した偽物。その秘密をもちろん夫は知らない”

 ドラマは特殊工作員時代の菜美の姿からスタートします。黒の上下スーツ姿で次々に敵を倒していくシーンから、物語は主婦として生活するエプロン姿へシフト。これがどちらのスタイルも綾瀬さんがやたら可愛い!! ああ、もうこれは素直に引き込まれているしかないな、ととりあえず正座。

 スリルしかなかった生活から一転、自分で望んだはずの穏やかな生活だったのに平凡な主婦業に飽きてしまった菜美……。つい昔の血が騒ぎ、普段の生活に潜んでいる住人たちの“闇”を見つけてしまいます。そして毎回、それらの問題を力技で解決していくのがドラマのキモ。ちなみに第1話は夫からDV被害を受ける近所の奥さん(倉科カナ)を救出しました。

「私が助けてあげようか」
「どこにいても見張っているから」
「みんなには内緒ね」

 闇を抱えた人に菜美がかけた言葉のいくつかです。いずれかが今後、「私、失敗しませんから(『ドクターX~外科医・大門未知子~』より)」張りの決めセリフになるのかも。

  “夫のためにいじらしい妻”という男の妄想と、“実は男数人くらいは平気でブチ倒せる腕力と技がある”という女の憧像。この二つの顔を持ち合わせているのが菜美の最大の魅力。“一度で2人ぶん美味しい綾瀬はるかが楽しめる”というドラマに仕上がっています。

1 2

僕の彼女はサイボーグ