ゴシップ

清水良太郎キメセク強要逮捕で、深田恭子と観月ありさにまで降りかかる火の粉

【この記事のキーワード】
清水良太郎キメセク逮捕で深田恭子と観月ありさに降りかかる火の粉の画像1

清水良太郎「ダメ女」(テイチクエンタテインメント)

 12日、ものまねタレントの清水アキラ(63)の三男で俳優の清水良太郎容疑者(29)が、覚せい剤取締法違反(使用)で、警視庁目白署に逮捕されたことがわかった。逮捕当初は「(覚せい剤を)使った覚えはない」と容疑を否認していた清水容疑者だが、後に認めたという。

 目白署などによれば、10日午後1時40分ごろ、東京・西池袋2丁目のラブホテルで30代の女性から「男に薬物を飲まさせた」と通報があった。捜査官が現場に駆けつけ、車でホテルから出ようとしていた清水容疑者を任意同行。尿検査をしたところ、覚せい剤の陽性反応が出たため、翌11日に逮捕したという。

 清水容疑者は2016年6月に一般女性と結婚し、同年11月に第一子が生まれたことを発表している。今年2月には違法カジノ店に出入りした違法賭博疑惑を報じられ、芸能活動を休止。6月に復帰したばかりだった。

 捜査関係者によれば、通報した女性はデリバリーヘルス(派遣型風俗店)で働くデリヘル嬢。女性は陰性反応だったが、清水容疑者は女性に無理矢理薬物を飲ませて「キメセク」を行おうとした、という見方が強い。薬物を摂取し、ハイになった状態で性行為を行う「キメセク」は、通常の性行為より快感を得やすい行為と言われていて、過去に覚せい剤で逮捕された清原和博や酒井法子もハマっていたとされている。夫が“デリヘル嬢とキメセクをしようとした”と知った妻の痛みは計り知れない。

 清水容疑者は結婚前に交際した元カノたちが「豪華すぎる」ことでも知られている。2009年には6歳年上の女優・深田恭子(34)と交際。半同棲状態だったという。2011年には女優・観月ありさ(40)との熱愛、2013年にはタレント・新山千春(36)との不倫、2014年には女優・大塚千弘(31)の熱愛が報じられた。捜査関係者によれば、清水容疑者は覚せい剤を今年9月下旬ころから10月10日の間に使用していたそうなので、まさか深キョンらはキメセクの被害は被っていないだろうが、元カレがキメセク経験者というのは、とんだとばっちりだろう。

1 2

【DVD】ミュージカル テニスの王子様 コンサート Dream Live 7th