恋愛・セックス

初めてのセックスで「ペニスが入らない!」 前戯でどうすればよかったの?

【この記事のキーワード】
Photo by Eric Kim from Flickr

Photo by Eric Kim from Flickr

 はじめてのセックスで「彼のペニスが入らなかった」または、「途中までしか入らなかった」と悩んでいる女子は少なくないのですが、「処女膜が邪魔しているから」「処女膜を突き破れば、入るようになる」と若干間違ったアドバイスを見聞きすることもあります。

 しかし、処女膜は最初から穴があいているものなので、ペニスで「突き破る」という表現は間違っています。勢いで挿入することは女性が激痛を感じるだけですので、絶対にしてはいけません。

ロストバージンは「痛くて出血する」もの? 初エッチで「痛みも出血も」なくても問題なし!

 自分の膣の大きさに比べて、彼のペニスが大きすぎて入らないという「サイズの問題」は実際にあり得る話です。が、今回はサイズ問題は置いておき、初体験や数回のセックスだからこそ考えられる「ペニスが入らない」原因を探っていきたいと思います。

膣の筋肉が緊張状態

 はじめてのセックスで、ペニスがなかなか入らないのは仕方のないこと。男性も女性も、緊張MAXでカラダ中に力が入っている状態だと思います。つまり理由は、男性が「勃起しなかったため(途中で萎えて)挿入ができない」ことと同じく「緊張」の表れです。

初エッチでショック!「彼が勃起しないのは私のせい…?」女子たちよ思い悩むことなかれ

 実は、膣口や膣内もいくつかの筋肉があります。緊張によって筋肉が硬くなり、結果的に「入らない」ということになっているのです。さらに、今まで経験したことのない太さのモノが入ってくるわけです。膣内に何か挿入した経験があるとしても、オナニーで指を入れたことがあるか、生理用品のタンポンくらいではないでしょうか。単純に、膣口や膣内がそれ以上の太さに慣れていません。精神的な緊張と同じく、膣も緊張するはずです。解決策は「心からリラックスすること」。……はじめてや数回のセックスで、そんな簡単にリラックスできるわけがないですね。

前戯はたっぷり。膣口をならして、濡らすこと

 セックスは、「挿入してから、どんな体位や動きをすれば、女性を気持ちよくできるか」と考える男性もいますが。しかし個人的には、挿入前の愛撫「前戯」がとっても重要だと思っています。前戯によって挿入後に気持ちよさが増すかどうかが変わってくるといっても過言ではありません! 男性諸君は、早く挿入したい衝動を抑えて、ちゃーんと彼女の心と膣をリラックスさせることを考えましょう。

◆指1本からゆっくりと

 「膣をリラックス」とお伝えしていますが、ほぐす&慣らすことです。きちんとほぐさずに挿入すると筋肉が硬いまま。指でほぐしていく場合は、クリトリスや膣口への刺激で十分に濡らした状態にしてから、指1本(人差し指)を少しずつ膣の中に入れていきます(濡れない場合は、たっぷりと唾液をつけるか潤滑剤を使ってください)。そのあと2本目の指(中指)を挿入。2本の指が入るようになれば、膣口がほぐれてきていることになります。

 膣口がほぐれたら、次は膣の中。2本の指を深くまで挿入したら、前後にガシガシと動かすのではなく、上下左右に“揺らす”ようにすること! とにかくゆっくりと時間をかけて、膣口と膣の中をほぐしながら広げていくことが大切です。

◆亀頭でこすると、ぬくもりを感じる

 私がそうですが、膣に指を入れられることが苦手な女性もいます。はじめての経験だった場合は特に、ゴツゴツした指が入ってくることは、緊張している上に不安を感じてしまうかもしれません。そんな時は、膣口にペニス(亀頭)を当てて、上下左右で撫でるように刺激してみるのもひとつの手。その後、先っぽだけ出し入れする方法を試してみて下さい。相手の体温や柔らかさを感じることができるので、リラックスしやすいかと思います。

 膣の緊張状態は「初回」だけではなく数回続くこともあるので、根気強くたっぷりと前戯してもらって、徐々に慣れていくと大抵の場合は入るようになります。では、ご唱和ください。

「挿入は 膣の受け入れ態勢 整ってから」

大根 蘭

365日中365日、24時間中およそ8時間ほどエロいことを考えて生きている女でございます。

プレペア 潤滑ゼリー 30本入り(お取り寄せ品) 4571134400876