インタビュー

セックスフルな夫婦生活13年目。3人の子供が寝たあとに「毎日会話」/高田さん44歳・男性

【この記事のキーワード】
夫婦間のセックスについて伺います。

夫婦間のセックスについて伺います。

31歳の時に結婚。その後3人のお子様にも恵まれ、現在、結婚生活13年目の高田さん(44)。ひとつ屋根の下で週に1回のセックスをしているとのこと。3人のお子様を自宅で出産し、全て立ち会っている経験を持つ高田さんは、「子供を産んでからセックスレスになった」という人を「ただの言い訳」だと言い放ちます。「不倫をする男性の言い分はわかる。でも、僕はしない」――高田さんが13年間の夫婦生活の中で意識していることとは? お話を伺いました。

――家族構成を教えていただけますか?

「僕が44歳で妻が40歳。5年くらい交際して31歳で結婚したから、13年目です」

――お子様は?

11歳の長女、8歳の長男、4歳の次男の3人です」

――一姫二太郎ですね。高田さんのお仕事は?

IT関係で勤務していて、就業時間は毎日910時間。休日は土日含めて、月に810日の休日。妻は専業主婦です」

――では、家事は奥様にお任せにしていることが多いですか?

「特にルールとか振り分けはないけど、手が空いている人が気づいた作業をするっていう感じ。もともと僕が家事をする方かな。妻に「やれやれ」っていうより、自分が動いちゃった方が早いことも多いでしょ」

――それは、結婚当初からですか?

「そう。ひとり暮らしが長かったこともあるのかもしれないけど、むしろ掃除は僕が先にやる。妻は、目が悪いからゴミとか落ちててもあんまり気にならないんだよね(笑)」

――生活費の管理はどうされてますか?

「毎月どういう風にお金が動いてるかっていうのは把握してます。赤字にならなきゃいいし、うまく回してくれてるのをわかってるから、基本的に妻にお任せしてる感じですね」

――ご自身の休日の過ごし方は?

「学生時代から野球やフットサルをやっていましたが、今もチームに所属して続けています。試合に家族が応援することもあるし、家族で出掛けることも多いですね」

1 2 3

妻は他人 だから夫婦は面白い